スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャナデッキ その1

今までずっとD.C.を弄っていたので久しぶりにシャナを色々と触ってましたが詰め性能と盤面維持能力の高さは相変わらず高いなという感想です。ワンチャンを作れるだけでも十分の強みですね。

ちなみにシャナを作ったのはリライトを作った後なので自分の中ではかなり長い歴にはなってますが、エクブを得てなかなか構築が難しいタイトルの一つとなってます。
なかなか固まらないですね。

ひとまず現状の自分のデッキをちょっと紹介したいと思います。


レベル0 16枚


ロミオ役の悠二 2枚
この街での成長 シャナ 2枚


対峙の時 シャナ 4枚
討伐の使徒 シャナ 2枚
ティアマトーの契約者 ヴィルヘルミナ 3枚
一流の自在師 マージョリー 2枚


彩飄フィレス 1枚


レベル1 14枚


フレイムヘイズヴィルヘルミナ 4枚
闘争の渦 シャナ 2枚
この刃に懸けて シャナ 2枚
麗しのゴブレットマージョリー 2枚
調律師 カムシン・ネブハーウ 4枚

レベル2 5枚


愛が全て シャナ 4枚
ドロシー役のシャナ 1枚


レベル3 7枚

シャナ&悠二 3枚
大いなる器 シャナ 4枚


CX

新世界へ 4枚
思いの力 2枚
天破壌砕 2枚


シャナの強みは詰め性能の高さと盤面維持能力の高さです。

前者は対応はいるけどコストの軽い再スタンドと非常に緩い経験でのトップ盛で
後者は1帯と2帯にいる優秀なアンコール持ちにリバース1面で1500パンプできる後列のキャラによるものです。

その持ち味をどう活かしていくか考えた結果こんなデッキになりました。それでは回し方です。


・レベル0

マリガンで残すのは0とカムシンのみであとは切っても大丈夫です。

基本的には対峙と移動をメタれる相打ちで相手のキャラを対処します。比較的条件の緩い3500と相打ちがあればわりとなんとかなります。

しかし最近の環境だとレベルパンプに4000など様々な好カードが出てきました。なのでちょっとそこに対応するためにこんなカードを入れてみました。

・一流の自在師 マージョリー
書いてあるのは炎1500パンプと1コストで相手のデッキトップを1枚落として控え室のカードを1枚盛れるという能力です。

0からパンプが入るので強いかなと思ってたんですけど、テキスト読むと他のって書いてないから最悪自分にも振れれるところで採用しました。

この1500パンプが序盤から終盤まで腐ることはないし、再スタンドできない場面でも余るコストで1点確定を作れるのは強いかなと思いました。

この街がカムシンとの関係であまり枚数を積めないので0から割りにいけるようにというのとどのレベル帯でもパンプでしっかり割れるようにするという意味があります。

あとは集中は事故防止で2積み。序盤で引ければ山を削りつつ手札の質を高め、終盤であれば詰めのカードを引っ張ってこれたりとわりと便利なカードです。

あまりアタッカーとして使い捨てにせずにここぞの場面で使えると強いという印象です。

絆の悠二は5止めというのとハンドを増やせるので入れてます。もっと積みたいけど回復性能が強くないシャナでは数多くは打てないのでこの枚数に。わりと仕事します。


返し4500になれるヘカテーを昔は入れてたのですが、相打ちや高パワーに無意味というのと割りにいけないという2点で不採用に。
昔の環境なら高確率で返ってきましたが今の環境だとあまり返ってこなくなりました。0で枚数積めるなら入れたいカードではあるんですけど色々な汎用性考えてマージョリーとフィレスになりました。

ひとまず0帯の意識は出てきたキャラは全部叩き割ることです。シャナの0帯なら十分に可能です。


・レベル1

ここからがシャナの真骨頂。ここでアドが取れないと負けです。それくらいシャナに取っては重要なレベルです。

基本的には先上がりを意識したいです。先上がって後列にカムシン2面立てれるとこの後の展開が凄い楽になります。

このカムシンがシャナのキーカードです。いるかいないかの差が大きく分かれます。

1面なら見えてる1500助太刀1枚に2面ならそれが2枚にこの差は大きいです。まず最低でも1面は立てましょう。このカードが立てられないと1面ないし2面帰ってこないです。

行きは3面見た目超え。出来なければカムシンパンプも入れて確実に2面超えましょう。返しはカムシンパンプを上手く使い3面割られないことを意識です。

返しのカムシンパンプを使うためにも最低でも2面は残しておきたいところですが最近1相打ちもいるのでなんとか3面残したいです。

シャナはハンドを維持するのが難しいのでこのカムシンは救世主的なカードです。3面割られなきゃハンドは減らないです。

あと打点差をつけるためにも1000/1は積極的に打っていきましょう。そのためのカムシンです。


一応アタッカーの紹介を

・フレイムヘイズヴィルヘルミナ

場を埋めれば6000になるアンコール持ち。とりあえず場持ちが良くてパワーが出るだけで高評価。これが周りのサポートを得て簡単に高いラインを出せるので強いです。登場にコストがかからないのに。

・闘争の渦 シャナ

5枚目、6枚目のヴィルヘルミナとして入れてます。登場のデメリットはカムシン寝かせればデメリットになりません。とりあえず6000あるのでヴィルヘルミナと同じく周りのサポートで高パワーが出るので強いです。

・この刃に懸けて シャナ

1-1/6000アンコール持ち。これだけならヴィルヘルミナの方が上です。
しかしサポートとして優秀なのが経験達成で他のキャラを500パンプできます。これのおかげで非常に行き帰り高いラインを出すことができ、飛天でカムシンが飛ぶのを防ぐことができます。

後ろをきっちり応援で固めて前列にこいつがいる時のヴィルヘルミナのラインの高さはやばいです。1-0のキャラとは思えません。

・麗しのゴブレットマージョリー

ひとまず立夏みたいに炎持ちを2000パンプできます。これで相手の高いラインを割りにいけますし、終盤リバース条件が必要なところをこのカード1枚で簡単に満たせるのが強いです。

自身も最低限の4000あるので相手の相打ちとか割りに行けるのも強いですね。


これだけあるので1帯は簡単にアド取れると思います。


・レベル2

チェンジがCX前なシャナはチェンジせず2-2で流す流れとなりつつも1帯のアンコール2種に加えてここからもう一種強いアンコール持ちが使えるようになります。

・愛が全て シャナ

とりあえず書いてあるテキスト全てが強いです。経験達成で8500アンコール持ちとなり、扉のシナジーでアタック時に控え室のキャラをサーチできる能力持ちです。

ソウル2がアンコール持ってるだけで強いのになんとシナジー持ちです。ドローで引いてきた対応を打ちつつもハンドを減らさず好きなカードを持ってこれるのはあかんです。

あとカムシンのおかげで早出しレベ3もこのカードで割りに行けるのも強いです。

このカードで盤面を保ちながら3帯に繋げることができるので良いカードです。

2帯は1帯の延長線ですね。愛が全てで盤面取れるのでこの辺りからクロック破棄してダメージを増やさないような工夫をしていきましょう。

なんとか対応や扉でレベ3を集めておきたいところです。

・レベル3

回復が強くないシャナは短期決戦で詰めます。

詰める選択肢は主に二つでまずはシャナ&悠二でハンドを減らさず相手のキャラを盛りつつ打点を入れるのともう一つは器で再スタンドして詰めるというものです。

前者は経験達成で11000出るので難しくは無いです。アンコールで維持できている愛が全てとあわせればソウルもあるので詰めれる率は上がります。

後者はシャナの中で1番の詰め性能です。アンコールで場持ちする関係上ストックは簡単に貯まっていくので対応握れていれば5パンくらいまでなら夢ではないです。

ちなみにキャラを展開し終わったあとにストックが0か1なら4パン。2か3なら5パン。4枚以上な6パンできます。これだけ殴れればさすがに詰まります。

ただハンド維持が難しいのとソウルを出したい関係上対応は2枚しか入ってません。なので握れたら抱えるかどうかはその握れたタイミングで僕は変えてます。

基本的にはリフは8戻して2週目で握れたら離さないプレイングでいいかなと思います。
絶対にこれじゃないといけないわけではないですがやはりキャンセルを意識したいので僕はこういう意識ですね天破に関しては。

ワンチャンマージョリーのトップ変えもありますけど1回も成功したことないです(真顔) まあ一つの手段として使える余裕があるならありだと思います。

詰め性能は本当に環境トップだと思います。ここまで持っていく過程が難しいですが。


こんな感じのシャナでした。回復性能が乏しいので1000/1で積極的に打点を作っていき短期決戦を意識していくべきだと考えてます。

同打点でゲームが進めば優秀な詰めのあるシャナがかなり有利です。

そのCXを打つために多めの扉とカムシンです。これがあればわりとハンド持ちます。ハンドが持つシャナは本当に強いと思います。

また回していって気づいた点があればまた述べていきたいと思います。
スポンサーサイト

生徒会に耐久イベントは必要か

生徒会ですが大会を得て色々と変わってきました。

自分のデッキはチェンジ不採用で2-1/9500になるリッカで戦うデッキにしたのでレベル応援をやめて回収メタの音姫にし、その分1枚だけ生徒会長ネームの0-0バニラを入れてといった形になりました。

今の環境だとまず間違いなく控え室回収である扉が入らないデッキは無いので2帯からとはいえ1、2ストックはブーストできるのでこのストックをどう上手く使うか考えてます。

個人的には木琴を入れて年越し3枚の木琴2枚とか考えてます。2帯を木琴で粘り、3帯を杏で粘るためです。

大会出て思ったのが回復耐久するデッキとかいいつつも個人的には回復量が足りないと思ってます。不意な打点から3帯から粘ろうにもなかなか難しいものがあると思います。

杏を過信し過ぎるのは弱いと思います。いくら生徒会で固めて年越しを思い出に飛ばしても3回か4回に1回はトップチェックCXでしくじる印象です。圧縮強いから仕方ないんですけどね。回してみてイベント積みましたところであんまり変わらないと感じました。

なので杏を積みますのは違うなと思いました。個人的には2枚あれば十分です。

となると余ったストックを上手く使おうと思うと木琴なのかなと思います。

このデッキだと思い出3枚貯めれば十分なので、シャルル+年越しが1番理想なんですけど確実に飛ぶわけではないのでここに木琴入れると木琴+年越しでも貯めることができます。
思い出のパターンを作りたかったというのもあります。

1番の理由は回復量の増加が目的です。もう少し回復できるカードがあってもいいかなと思いました。

今度どこか行った時に2枚くらい買って入れてみたいと思います。

なるべく生徒会で固めた方がいいと思うのですけどコケる時はコケるのでもう割り切りました。


3バカも入れたいなとは思うのですがせっかく0帯でパワーが出るのに移動使うのはどうかなと悩み中です。エリカとテキストが噛み合わないのが理由です。

他には監督生使う関係上クロックが進んでしまうので移動でダイレ枠を作りたくないのと割れなくて相手に余力ができて相手のアタック数が増えるのが1番の理由です。

特に移動使わなくても扉あるし監督生と絆もあるのでハンドはなんとかなってるのが原因ですね。


またぼちぼち考えていきたいと思います。

ラブライブ迷走中

と身内で組んでる方が言ってました。なかなかこれと言った型が見つからないそうです。

僕は今のところ組む気が無いのであれですけど僕がラブライブで1番強いと思っているのは狐えりちやぱなよとかことりではなく、レベル応援と移動凛だと思ってます。
もちろんレベ3も十分強いとは思ってますが。

レベル応援は黄色という高待遇なのにCX噛むだけでソウルが上がるのは強いと思ってます。個人的に1番強いカードだと思ってます。

とあるで似たようなカードがあるのですが、使い勝手的に2週目の山なら3パンで結構狙える効果です。

CX張れなくても簡単にソウル伸ばせるので個人的には1番入れたいカードです。打点を1からを2や3にできるのは強いですよ。

あと移動凛ちゃんは普通に好カードだと思ってます。このカードのおかげで1番強いと思う赤黄タッチ青が簡単に組めます。

ひとまず移動するのに1コストかかるから微妙とは言われるかもですけどヴァイスの鉄則は2コスト=1ハンドです。この鉄則を見るとわりに合う効果だと思いませんか?

移動できるということは移動する度に1ハンド得をしてるということですし。あと2500あるので移動で割りにいけるので個人的には良いカードだと思ってます。

移動が4枚入れば色発生に青の選択肢を取れるので青入れつつといったことができるのでいいと思います。にこにこ腕立てが流行りますね!


あとチェンジですけど、しないかもしくは青入るので真姫でいいんじゃないですか?ラインも出ますし。

チェンジはコストが重いですしコスト肩代わりの枠を取るのも個人的には嫌かなと思ってて。

どのキャラを見てもラインがあまり上がらないので返しに残ってくれなさそうなのが微妙かなと思ってます。

なら2コストで2ドロー1ディスできて11000出る真姫でいいかなと思いました。

あと詰めは各々使いやすいやつを使えばいいと思います。狐でバウンスでもいいですし、低コストで打点を決めれる希やショット持ちのことりなどいいものがあるので。

まず組むならここらを入れてから始めたいとは思ってますが何回も言うとおりまだ組む気はないです。お金に余裕ができたらちょっとだけパーツ買って組むかもしれません。

本当に個人的な意見なので参考程度に見てもらえたら幸いです。他にも良いカードはたくさんあると思いますので

4積みしても引けないものは引けない

今日は福井の毎月恒例の大会に出てました。
来月はツアーがあるので出れないので年始めということで行きました

使用デッキは悩みに悩んで生徒会握りました。作ったばかりでプレイングもお粗末でしたけどww

デッキ内容は昨日上げたのと同じです。


1回戦 ガルガン黄色軸 ○

ガルガンは身内で作っている人がおらずプールはほとんど把握していなかったです。終わってから聞いたのがしじいでババア回収して助太刀イベント握って打つというものでした。

なので0はともかく1から行きのラインが出ない生徒会はひとまずリッカのバウンスで誤魔化しつつ打点を入れてなんとか打点先行出来たのが勝因でしたね。

2-1/9500のリッカも1-0のババアと呼ばれていたキャラに踏まれたりきつかったですね。

清隆の絆と山削りで圧縮しつつなんとか杏で粘り勝ち。相手の回復が薄かったのが幸いでした。

なかなかしんどい試合でした。


2回戦 シンフォギア翼単 ×

CXがフィーバーした試合でした()

初手に2枚、マリガンしたら1枚引いてクロックドローしたら2枚引き込む悲惨ぷり。0も思い出飛べるシャルル1枚で残りは全部2以上のカード。ここを立て直せれたら男やなと思ったら返しまた引いて噛んで死にました()

18枚も0積んでるのに0帯ではシャルル2枚と1に上がってからエリカと清隆しか引けず。1-5で2パンという体たらく。

相手はガンガン1000/1打ってくるので0-5→1-5→2-6まで吹っ飛んでその時点で相手はまだレベ0という真顔感

とりあえず年越し打って2-1リッカを立てて杏で持久戦に持ち込むことに

粘りに粘って相手を3-2まで上げれましたが最後は力尽きました。

頑張りましたけどクラッシュが酷すぎてどうしようも無かったです。


3回戦 ペルソナ ○

とりあえずペルソナはほとんどカードプールを知らないので初見でやってみることに。

ひとまず1-0シャルルで全面割りにいけたので楽でした。
ジャックブラザーズとかいうカウンターで相手を2パンにできる助太刀握って、1-0/6000になるクロックアンコールで場とストックを保ちつつという感じでした。

普通に1000/1張ったり素で割れるのでそこまで苦労せずに2週目のリフで物凄い圧縮を決めそのまま3-5まで詰めてイベントカウンター打たせないようにサイドで打点を通して勝ち。


通算 7戦 5勝2敗


まずまずの試運転な生徒会でした。しかし姫乃と比べると安定感はありますけど、飛び抜けたものがないので難しさを感じます。弱くはないですけど何か物足りないみたいな。

また色々と考えてはいきたいと思います。

ひとまずチェンジ不採用でしたが、バウンスはそこそこ狙えますし絆でハンド維持しつつ山削れるのが強かったです。
あれで確定ダメージを消したり、ボトム付近のCXを戻して安定した戻りにできるなど使い勝手は良かったです。

バウンスという選択肢は打点増やしたり割れないところを戻せたりなかなかいい動きでした。
絆セット入れるならフル扉の必要性がないのでバウンスの選択肢はありでした。


余談ですが今日大会に出て言われたことで印象的だったのが生徒会回してるところ見てたら楽しそうに回せてないよねって言われたことです。

確かにそのお方とはちはやで熱く戦ったのでそれに比べるとそう見えてしまうのかもしれないです。

肌に合わないとまで行きませんが何か自分の中でしっくり来てないのがその原因かもしれません。

やはり回してて楽しい覚悟ゲーの姫乃が1番好きですね。次の大会で可愛がってあげたいと思います

次の大会は来月になると思います。ほむほむのPRを集めないとです!

生徒会デッキ その1

久しぶりに姫乃以外のデッキをたくさん触ってます。他のデッキの構築考えるのも楽しいですね。もっと時間があれば昔作ったデッキとか弄れるんですけど...

ひとまず昨日届いて何回かあれじゃないこれじゃないとデッキを回してある程度まとまった生徒会デッキです。

プロキシで経験もあるので慣れてるはずなんですけど当時はリライトとABの全盛期の時代であの時から考えるとまた環境が変わったので色々と考え方が変わりました。

色々考えてみて微調整とプレイングはまだ残るものの方向性はこうしようというの紹介です。

テーマは音姫チェンジしません。


レベル0 18枚


大はしゃぎ!シャルル 3枚
学園の風物詩 巴 2枚
監督生 リッカ 3枚


エリカ・ムラサキ 4枚
伝える言葉 清隆 3枚


アジサイ畑のまゆき 3枚


レベル1 8枚


風見鶏の生徒会長 シャルル 4枚
夢見る未来へ リッカ 4枚


レベル2 11枚


聖夜の告白 リッカ 3枚
若き生徒会長 エリカ 2枚
年越しキス 4枚


知略と謀略 杏 2枚


レベル3 5枚


くすぐったい毎日 音姫 3枚


新生徒会長 杏 2枚


CX

咲き続ける花 4枚


扉4枚


とりあえず軽い回し方です。途中でなぜチェンジを抜いたのかも書きたいと思います。

・レベル0

初手はレベ0と年越し以外は切っていいです。
咲き続ける花だけ握っててもいいかもですがハンドを切る手段が無いので慎重に。
最悪シフトで切れるので握るのもありです。

アタッカーはデメリットになってない3500のエリカと4000が出る巴です。

最初移動で流そうと思っていたのですが、キーパーツである監督生が応援を持っていたことでラインがある程度出るのと特徴が生徒会で無いのでやめました。杏や大はしゃぎのコケる要因をできるだけ消したかったので。

ラインが出るのでガンガン割っていきます。

大はしゃぎはチェンジ不採用とはいえ思い出をノーコストで満たせるのと、シフト持ちでアタック回数を稼げるので採用しました。

エリカと巴入れてアタッカーが9枚なので十分充実してます。


そしてレベ0のキーカードを紹介

・監督生 リッカ

応援持ちのくせに簡単にハンドが稼げる強いカード。
サーチ範囲が狭いとはいえ1帯のアタッカーにレベル応援にレベ3の杏など臨機応変に持ってこれるので簡単にハンドが肥やせます。何より5止めが効かないのは強い。

握れたら1帯までは捻り続けます。


・伝える気持ち 清隆

チェンジ不採用にした理由は後々書きますが、2-1/9500になるアタッカーの絆元。
絆元ってだけならそんなに採用理由にはならないのですが何より出た時にノーコストで山を削れるのが本当に強いです。

生徒会は上でストックを使う関係上集中を乱発することができません。
アドが取れるならともかくハンドアドが取れる集中は無いので集中を入れない=事故回避できない&一周目の山を早く終わらせれないという理由のため入れてみました。

使い勝手は上々です。
あとフル扉にしなくてもハンドが持つようになったのもこのカードのおかげです。フル扉をやめた理由もあとで載せます。


・レベル1

やれることは二通りで

・監督生を捻って1-0/6000のシャルルで粘る。
・リッカのバウンスシナジーで打点を叩く

だけです。生徒会の1帯は魔法より弱いと思います。なので1000/1張って打点を叩き入れたいところです。監督生と絆でCX打ってもハンドは持つのでガンガン打ちましょう。

ラインは6000+応援500+CX1000=7500までしか出ないのでちはやや神使いに対抗するためにバウンスを入れました。ラインが硬いところはリッカのバウンスで穴を開けつつダイレで打点を入れましょう。

ここは手早く流したいところです。


・レベル2

ここからが考え方が大きく変わったところです。

実はパーツが届く前はフル扉にして1帯はクロアン巴採用して音姫の2面チェンジを考えていたのですが、記憶達成していても11000+レベル応援1500=12500が限度で弱くは無いけど決して安全地帯かと言われると今の環境では決してそうではないです。

実際回してみると2面チェンジだけでハンドが4枚消えるのでその後ハンド維持が物凄い困難になったのとストックを使いまくるので圧縮が弱くなってあっさり死にました。いくら杏がいてもあの圧縮では勝てないです。

なら1面チェンジは?と思いましたが1面ではなかなか相手に脅威とは思わせれなかったです。

あと根本的に問題だったのがCX込みでも13500が限界だったのが問題でした。なので一心同体やフルネームさやかが割れないです。

姫乃はここからメアリーで1000上乗せしたり第二ボタンで1500上乗せできるのでまだなんとかなりますが、生徒会はパンプできるカードがあまり無いので基本的にこの数字が頭打ちです。中央ならまだまだいけますが。

なので割れないところあって根本的にどうしようもなくてチェンジをやめました。チェンジしてもそれに見合うメリットを感じなかったので。


なので僕は聖夜の告白 リッカを入れました。
記憶は3枚なので大はしゃぎ+年越しで行けます。

これで9500に応援で10000は低コストで越えれるのでありかなと思いました。
あと山をノーコストで削りつつ絆持ちも採用できるのでこのセットは強いと思い採用に踏み切りました。

リライトのちはやがこのラインでわりとなんとかなっているのでこのラインでも十分戦えます。

あとサポートとして絆でバウンスを採用できたのでラインが硬いところはバウンス狙いです。運ゲーだと思いますけどわりと回ると2-1くらいでリフに入れるのでわりと狙えます。

基本は9500のリッカで頑張りどうしようもないところはバウンスで開けて打点入れます。

年越しは思い出達成と圧縮の意味もありますが握れているとその時欲しいカードを引っ張ってこれるので強いです。確実に打ちたいので4積みにしました。


・レベル3

3帯は詰めが無いので2種の回復で粘ります。

音姫は年越し&大はしゃぎで記憶4枚達成していることが多いので割りにいけるのがまずまず。とりあえず回復持ってるだけ及第点。

そして杏はうまくいけば2点回復できるので持久戦に持ち込めます。

この時点で打点がトントンなら回復力の強い生徒会に分があります。

バーンシャルルも生徒会なので積めなくはないですけど、キャントリ入れないといけないのが嫌なので回復で持久することを考えました。



という感じのチェンジ不採用の生徒会でした。

まだ回して間もないですが、かなり理論的に詰めれたので強いとは思います。
どうしてもバウンス頼りになってしまう部分があるので安定感があるかは怪しいですが。

ひとまずこれでプレイング磨いて大会で使ってみたいと思います。

生徒会デッキ届きました

本日ヤフオクで落札した生徒会デッキが届きました。



あと通販で買った残りのパーツが明日届くと思うので届いたら早速色々試してみたいと思います。

ひとまず姫乃並みに選択肢が豊富なので色々考えていきたいとは思います。納得できるものができたら載せたいとは思います。

結果的にデッキと足りない物を買い足しましたけど結果的に20000円切ることができたので良かったと思います。


世間ではいよいよ明日ラブライブの発売ですがそれをものともせずにD.C.街道をひた走りますww

願わくばプラチナパートナーの発売が早く来るといいなと思います。

生徒会デッキ組みます

今日は久しぶりにSkypeで身内とヴァイスしたりヴァイストークしたり楽しい1日でした。やはり周りの環境は大切ですね。

そんなことで僕は今日ヤフオクで生徒会デッキを落札することに成功し送料込みで17000円で組むというかパーツを手に入れることができました。

ちょっと足りない部分買い足しても20000円かからないのでかなりの爆アドかなと思いました。買いに行かなくてもいいのが楽ですね。

昔ならともかく今組むとかなりのお値段がいってしまうので今の値段を考えれば安いと思いました。


これにてD.C.は魔法、生徒会、新聞が揃ったのでプラチナパートナーに向けて準備が終わりました。あとはゲームやり込んで発売日を待ちたいと思います。

まあ出るでしょうし(震え声)

次デッキ組むのはおそらく春に出るSAOとなります。ラブライブはパーツだけちょっと買って今の現存に付け加えるくらいはするかもしれませんけどもう資金面に余裕が無いので。

また届いたら回してみてレシピ紹介したいなと思います。一応プロキシで何回か回したことあるのでそれらも参考にしながら50枚にまとめたいと思います。

2、3月は頑張らないと

配布PRが公開され予定通り2月のショップ大会はまどかが配布されることになりました。



まどかに欲しかった詰めとして扱いやすいものが出ました。

とりあえずまどかを組んでるものとしてはとりあえず手に入れて試してみたいのが本音です。

しかし店で買うと高そうなやつなのでこの月は出れるだけ大会に出ようと思います。

最低でもゆかりんSSAの時で1回。ゆかりんの名古屋の時で3回は出れそうなので使うか使わないかは別としてまず4枚集めたいと思います。

3月も遠征を通してたくさん出れそうなのでミルキィのPR集めつつ経験積めたらと思います。

大会には姫乃はもちろんのこと他のデッキで出たり色々と扱えるようにしていきます。

大会を目標にモチベをあげていきたいと思います。

夏ツアーちょっぴりだけ行きます

今日行われていたナナフェスで夏ツアーが発表されたそうです。

色々な場所が公開されましたが結果的に名古屋と北陸が無かったのでやめようかと思いましたが友人にLINEで誘われたので支援する宮城が当たれば宮城に。
そして友人が確定で参加するであろう大阪に行くことにしました。

初日の山梨も別の友達に誘われたので今考え中です。今はモチベ的にガチでは無いので考え物ですけどね。

なのでとりあえずFCは更新することにしました。もしかしたら今年で最後になるかもしれませんが


そんなこんなでバージョンいくつか忘れましたが姫乃デッキの紹介です。いくつか入れたり抜いたりしてかなりしっくりきて覚悟さえ引ければ安定してくれるものができました。あとはピン積みのカードをどうするかくらいです。完成度は95%ですね。

レベル0 15枚


学園の風物詩 巴 4枚
甘いひととき 音姫 2枚


息抜きデートサラ 3枚
幼馴染 メアリー&エドワード 2枚


昔の思い出 音夢 4枚


レベル1 9枚


お茶目なエリザベス 3枚


とびっきりの笑顔 サラ 1枚


手作りの紫陽花 由夢 2枚
二人の時間由夢 3枚


レベル2 9枚


ふたりの記念サラ 2枚
姫乃の覚悟 4枚


帰ってきた笑顔美夏 2枚
所長のアシスタント ゆず 1枚

レベル3


こそばゆい未来 姫乃 4枚
ふたりの幸せ 姫乃 2枚


溢れる気持ち 音夢 3枚


CX


かけがえのない家族 4枚


誓いのキス 4枚


回し方は前書いたのとほとんど変わらないです。集中を打ち続けて1周目の山を早く終わらせつつキーパーツを回収していく流れです。やることは変わらないです。

意識する点はレベル1のキャラを切り過ぎずにレベ1に上がって3パンするだけです。枚数を1枚削ったので。

変わったのが2帯からです。早出しのキャラとちょっと早出しに対するメタカードを入れてみました。

前デッキと変わったのが

in
所長のアシスタント ゆず 1枚
ふたりの幸せ 姫乃 2枚

out
手作りの紫陽花 由夢 1枚
第二ボタンの約束 由夢 2枚

です。

なぜ第二ボタンやめてふたりの幸せにしたかと言うと第二ボタンのメリットより安定感を求めたからです。

何回か回してて1番理想的なのが2-1や2-2でクロックに第二ボタンを立てて姫乃シナジーから早出しできることです。

しかしレベ3の枚数的に自然に落ちたり、打点が2-5など2帯の後半まで進んでしまうとクロック破棄してシナジーに繋げるので出せないことが多々ありました。

ということもあって確定で出せないです。無理すれば出せるけど無理して出すことなく他のレベ3をクロックから出したり、根本的に対応引けなくてそのままレベ3上がるまでクロックの頭で眠ってたりといった感じですね。

なので色々な要因から第二ボタンをふたりの幸せに変えました。出せたら強いけど手札から出ぬままレベ3になったり色々あったので。

この辺りは考え方の差なのかなと思います。出せた時のトップチェックの爆発力を考えるか出せなかった時の事を考えるか... 使っててマイナス面の印象が強くなってしまったのでいっそのこと抜いてみようと思ったわけです。


そしてふたりの幸せを採用したわけですがなぜ採用したかというとラインが出るからというのと素で回復持ちという点です。

2帯で出せればほぼ11000は保証されてますし、仮に打点が飛んでクロック破棄しても3帯で出せば回復できます。この点でふたりの幸せにしました。


変えるきっかけとしては最近一人回しの相手として多く回しているのがゼロ魔やなのはなんですけど貴族がわらわら並んんで返し12500や特に一心同体が13000や13500で立ってたりすると手が出なかったりすることが多かったです。

ふたりの幸せだと11000+レベル応援1500+CX or メアリーで13500~14500まで上がるのでこれらの早出しを見た目超えできるのは強いと思いました。

返しも11000+レベル応援1500+美夏で15000まで見れるので盤面維持にかなり貢献してくれると思い入れてみましたがかなりしっくりきました。

あとなんと言ってもこそばゆいでアタックするのに躊躇してしまうところをアタックして見た目超えしてくれるところの優秀さは良かったです。

最悪ハンドに眠ったままでも回復として使えるだけで優秀かなと思いました。

ひとまず1000という数字はやはり大きかったです。

あとは覚悟でも一応出せるので覚悟が無駄にならない可能性もあります。基本的にはこそばゆい出しますが。


そしてもう1枚早出しメタとして入れたのがアニメD.C.3で出たゆずです。

1-6の8戻りリフを意識した結果1周目はCXをしっかりと戻すということを意識して動くようになったのでリフ後の山からドローで引く動きとなりましたが引けないこともあります。

そうするとこそばゆい1枚だけとなるので貴族みたいにわらわら並ぶと処理しきれないことが起こります。ここでこのゆずが役立つというわけです。

美夏で早出しを処理してもいいのですが、なのはの後列のシャマルが助太刀を使わせないという効果を付与できるので一心同体のアタックで返せないということがあって、行きでも早出しを踏めるようにと入れたものです。

ピン積みなので毎試合お仕事するかと言われると怪しいですが、美夏の3枚目として早出しをメタれるようにしました。

あと姫乃出してから対応引けなくて連動できなかった時のためのカードでもあります。

ただ早出し無いデッキには無意味なのでここはもう少し使い込んでみてこのまま採用を継続するか決めたいところです。


そして扉のシナジーは音夢だけに絞りました。音夢をシナジーで出した時に打てたりして相手の場を壊滅させられる可能性が高いので相手の後列を触るといった意味でそのまま採用になりました。

一つ思ったのが姫乃を早出した後に以下にレベ3をハンドに入れれるかどうかにかかってる気がしました。そのあとも継続してシナジー打ったりレベル上がってからそのままレベ3を出して高いソウルでアタックし続けられるかが勝負所ななと思います。
なので9枚という枚数で落ち着きました。


こんな感じの現状の姫乃デッキでした。あと変わってもゆず↔︎紫陽花由夢か第二ボタン↔︎ふたりの幸せくらいしか変わるところは無いと思います。おそらくこれで完成かと。

昨年の夏から作成に取り組んできて色々変わりましたがようやくこれといった形が出来て良かったです。

あとはラブライブやSAOなど今期環境に出てきそうなタイトルを眺めながらちょっといじるところはいじってD.C.3プラチナパートナーの発売を待ちたいと思います。

出ますよねブシさん...?

ライブBDって面白い

今日もバイトで朝から夜中までみっちりと働いてました。

世間一般ではセンター試験で奈々ファンの方だとナナフェスというイベントに参加されてた方も多いのではないでしょうか?

センター試験は3年前に受けましたが、あの緊張感と自己採点の時の安堵感は未だに忘れられないです。

センター試験はあくまで通過点なのでこの先の私立や国立の個別試験で結構挽回が可能なのは身にしみて分かりました。

僕の場合はセンターがそれなりにできたせいで私立までサボったツケで私立全部転けました() そこから気を引き締めて勉強したのもいい思い出です。

諦めずに3月まで頑張ってみると自分にとって悪い結果にはならないと思うので受験生の方頑張ってください!


そんな僕は最近発売されたゆかりんのBDを見ながら一人回しをするという習慣になってます。



昨年の6月の埼玉スーパーアリーナのライブなのですけど見てて楽しいのと懐かしいのが入り混じってます。

あの頃を思い出すのにベストなライブBD。改めて見てみるとあの時はこんなんだったなとか思い返すのに便利です。

ツアーまで1ヶ月切ったのでモチベーションを高めるためにBDとかDVDとか見て気持ちを高めていきたいですね。

今日は雑談で終わりましたが明日も多分雑談で終わると思います。多分

ヤフオク始めました

最近ヤフオクで出品されているデッキを眺めるのが日課になってます。まだ新規なので落札できたことは無いんですけど。

ヤフオクに限らず、Cラボなどでデッキを丸々売っているお店は多々あると思いますが、今年初めて手を出したんですけど色々とメリットが大きいなと感じてます。

まずは自分でパーツを買い揃える必要が無いのは1番のメリットでしょう。都会住みならともかく田舎住みだと遠征とか実家に帰った時くらいしかショップに寄れないのでその辺りのメリット大きいなと感じました。

あとは値段がいい感じだとそれだけでもアドになりますね。

まあ何店舗も回ればもっと安く組めるかもですが、この辺りはこういったオクや構築済みデッキという視点を持つこともいいのかもしれません。


そんなことで2日ぶりの更新ですが相変わらず姫乃ばっかり触ってます。今年1番触っているといっても過言ではないです。

今目指しているのは120%で回した時の強さじゃなくて80%で回しても回るというか強さを発揮できるような構築を考えてます。

多分姫乃が1番回った時で1-6リフ成功からの2-1や2-2でクロックに第二ボタンを立ててシナジーに繋いで2帯をトップチェック込みで粘れる展開というのが恐らく100%以上をいくものだと思います。

しかし常日頃こんな上手く回るわけもなくてそもそも第二ボタンがハンドに来ないとか1-6リフが決まらず2-5くらいまで貫通してしまうとか色々な要因があって100%にならなくなるわけです。

大会みたいに何戦も回すことになるともっと安定感を求めた方が強いのかなと思って第二ボタンを今抜いて調整しています。

4戦回せば3戦は立てようと思えば立てれますけど2-4とか2-5まで飛ぶとこのデッキのレベ3の枚数から大体落ちるのでクロックせずにハンドに抱えたままになってしまうことがありました。

立てれば強いですけど個人的に立てられないことの方が多い印象を最近よく受けたのでいっそ抜いてみて旧姫乃を入れてみては?ということで回していたのが最近の日常です。

旧姫乃ならレベ2で出せば11000はほぼ当確ですし、この1000というラインが役立つことが多いのでレベル応援を立てれると12500まで上がるのが強いと思いました。最低限の回復があるのも嬉しいです。

音夢が立っても扉のシナジーに繋げれる可能性が増えるのでひとまず今は新姫乃4の旧姫乃2の音夢3で回してます。

下の回し方は変わらず1-6リフを目指しつつ早いリフをして2帯粘る型です。下はあまり変わってないです。

覚悟を握れなかったことを考えるのは姫乃デッキの動きとしては弱いですけど、姫乃を出した後のことを考えるとこういった色々な場面を想定することが大切だと思います。

レベル応援が立たなかったらどうするかとか打点リードされたらどうするかとか色々考えるとキリはありませんが、そういった場面をどう切り抜けるか考えるのもまた楽しい部分です。

結果も出せてないので一つの意見として見ていただければと。

しっくりきたら載せてみたいと思います。

制限変化なし

WGP終わってすぐに前期規制の内容が出ましたね。結果的に2013年後期と同じ内容になるというものでした。

妥当アンド妥当ですね。ここまで入賞タイトルが散らばっていたので本当にバランスが取れていた環境であると言えたので、むしろ規制組がもう少し緩くなるかななんて考えてました。

ちょうど僕がヴァイス始めた時はゼロ魔が出るちょっと前だったので御三家(とある、ハルヒ、ゼロ魔)が大暴れしてた環境でした。

その後もABとリライトの追加でこれにDGが加わった新御三家が大暴れしてたのでここまで落ち着いた環境というものが初めてなのでこのまま続いてくれないかなと思ってます。

次の規制はおそらくラブライブとSAO次第になると思われます。1ブースターで十分に戦える性能を秘めているのでここからもう1ブースター増えることでどう環境に絡んでくるかという点ですね。
あとは160種あると噂されている艦これですかね。

どうなるかはまだ分からないですけど、とりあえず自分の手持ちデッキを新たな制限のために弄る必要がなくなったのはありがたいです。

2014年前期も楽しくヴァイスしていきたいと思います

回復RRは大高騰する仕組み

しばらくデッキ作らないとは言ってますがちょっと作りたいなと思ってるものがあります。

現在新聞、魔法のデッキを持っていますがP.P買うことを考えるともう一つ作っておきたいところです。それは生徒会です。

しかし生徒会のパーツは音姉を筆頭に色々高いので泣けます。

なので今悩んでるのが生徒会です。

D.C.3は特徴として可能性があるのが新聞と魔法と生徒会です。カートン買おうかなとか考えてるのでカードが余るのはもったいないので生徒会も作っておきたいとは思うのですが...


そして最近回している新聞と姫乃の感想です。

新聞は圧倒的なソウル不足がやはり否めないですね。トリガー付きのカードが10枚以下なのでしゃあない部分ではありますが。CXも片方は2000/1なので全体的に打点が作れない点もあります。

プレイングでカバーできるとは思いますがもう少し構築を見直したいところです。なんか色々と物足りなさを感じてます。


そして姫乃は構築も前紹介したので固まりあとはプレイングだけかなと思います。

結果的にエリザベス搭載型のレベル3は第二ボタン採用で落ち着きました。

旧姫乃の採用も考えたのですが覚悟で出したいのは新姫乃ですし2帯を長くやりたいという目標に関して1番解決できるのが第二ボタン早出しだと思ってます。

あと今回のこのカードが流行りそうな気がするのとバウンスを積んでいるタイトルに対する対抗策として戻された新姫乃を再び場に出すことを考えると旧姫乃を出すために覚悟は打てないなと思いました。

ちなみにこのカードはこれです。



チェンジから出てきてシナジー無しのバウンスを搭載してるので戻されるとなかなか厄介です。チェンジの重いコストもマーカーで軽くできるのでバウンスは普通に打ってくると考えた方が無難です。てかバウンスしないならチェンジしないでしょう。パワー上がらないですし

あとはブラックロータスもシナジー無しでバウンス積んでますしこの辺りのデッキタイプとやるときに意識するのが覚悟の2枚キープしかないのではと思います。引けないとどうしようもないですが()

この先2帯のラインがパワーインフレ起こったら2帯なら安定して11000の旧姫乃採用の可能性もありますが今のところは第二ボタンでいいかなと思ってます。

ひとまず出るであろうP.Pが出るまではこの形でやりたいと思います。

WGP終了のお知らせ

今日は新春トリオ&WGPの全国大会でした!僕は普通にバイトしてましたが...

今期は様々なデッキタイトルが入賞した環境となりましたが結果的に

優勝 犬日々
準優勝 ゼロ魔
3位 ファントム
4位 なのは

になったそうです。

準優勝された方は近所のショップの常連さんで何回か行ったことあるんですけどその時に2回ほどマッチングしました。

プレイングが隙が無くて強いお方でした。その時は相手がラブライブ握ってましたけど、強い人は何を握っても強いです。

考え方がぶれないんでしょう。勝ち方を知っているというかなんというか...


今日バイト先で考えて思ったのがもっと対人戦をこなしていかなくてはならないんだなと思いました。

Skypeは勿論ですが、身内以外のショップ大会などもっと実戦経験を養って勝つためのコツをつかんでいく必要があるという結論に至りました。

色々なタイトルの構築と戦うことでカードをもっと知るということとプレイングに構築に問題がないかチェックするのが大切なことだなと。

なので2月、3月はPR狙いもありますけど、せっかく全国に遠征するのでその機会を生かしてショップ大会に足を運ぼうと思うきっかけになりました。


そういえば一人回ししてたらこんな場面がありました




美夏のところの山は手札でそれに埋もれているのがレベル応援です。

相手3-6でこちらは3-4でリバース時に3コストでクロック送りにできるツヴァイさんがいる場面です。

相手は2-1-2を作ってきて最初のクロウディアのアタックをキャンセル。そして相手の2パン目に美夏を打つのが強いです。

というのも助太刀のコストで場のキャラを飛ばせるので2パン目で助太刀打ってコストで紫陽花を場から除去できるとクロック送りを回避できるので強い動きとなります。

実際にこの後紫陽花飛ばして相手のダイレがピタキャンという形になり返しに詰めてゲームエンドでした。元々山はかなり強かったのでキャンセルは十分に狙えるものでした。

相手の早出しを除去してアタックを抑える役割以外にもこんな使い方ができるので覚えておくといいと思います。相手のリバース時のバーンやクロック送りの回避にダイレ枠を作ってキャンセル率を上げたりと便利な子です。

つい最近の大会でこれを怠って負けたのがあります。その時も使っていれば確定キャンセルからの詰めに入れたので。

実際にそういう場面になると見に染みてこのカードの強さが分かります。

知っておくといい豆知識でした。

ニューデッキのモチベーション

は特になく新たに組み直した新聞ともっと回し慣れるために姫乃を触ってました。

新聞も光らせようかなとか考えたりしたのですが姫乃を光らせたのと同じくらいの資金がかかるので断念。地味に箱からサイン出してるのでワンチャンかなとは思ったのですが。

そもそも新聞光らせるならオレンジビキニを探し当てて買った方がいいんじゃね?と思ってしまい買う気が起こらないです。もう姫乃光らせたから満足です。

そんな感じで新聞は勝ち筋がはっきりとしてて意識は姫乃に近いものがあります。
いかに2帯を長くやれるかの1択だと思います。ここが手早く流れてしまうと準備期間が足りないので結果詰めれないので。

逆にキャンセルで2帯が長くやれると本当に強いと思います。いかにそういう状況に持ち込めるか...ここはプレイングの腕の見せ所ですね。もっと触って慣れていきたいと思います。


次の追加であろうD.C.Ⅲのプラチナパートナーは新聞ともしかしたら魔法の2点の強化になる可能性があるので夢のカートンで買おうなんて思ってます。

姫乃にカードが入る=光り物を揃えるという理屈になるのとシングル買いだと必須カードが何枚も必要となるとなかなか大変かなと思ったのがきっかけです。

あとⅢが好きなのが1番ですね。

ひとまずゲームは前金も払いあとは発売日待ちの状況なのでまずゲームをやって気持ちを高めてからカードの方で発売決まったら即座に予約したいと思います。

ひとまず次回か次の大会は新聞握りたいと思います。結構モチベーションが新聞に傾いてきました。

また雪が積もりました

今日は吹雪いてたせいで雪がだいぶ積もりました。なかなか辛い時期に入ってきました。

今日は友人とちょっとヴァイスした後にずっとゆかりんトークしてました。たまにはこんな日もいいですね。

ガチデッキじゃなくてキャラ単デッキを久しぶりに回したのですが結構楽しかったです。たまには息抜きでガチじゃないデッキを回すのもありかなと思いました。

強さを求めるのはもちろんですが、これだけ嫁がたくさんいるので自分が持っている嫁のみで組むのも楽しさの一つだと思うので個人的には姫乃単とか組んでみたいですね。
こそばゆいとか覚悟をまた4枚買わないといけないので泣けますが。


ひとまず持っているデッキを色々弄りたいですね。時間がないのでなかなか出来ないですけど。

昔組んだのと今組んだのとではやはり色々経験したことや、環境の変化で型が変わると思うので。

先日新聞は触りましたがなのはとかSAOとかその他が全くのスルーなのでいい加減に触りたいです...


ネタを投下すると言いながら話してたらこんな時間になってたのでまたそのうちです。何か触ったデッキのレシピでも載せたいと思います。

課題ヤバス

明日提出の課題があと1歩で終わりそうな状況です。これが終わればひとまず落ち着くので明日早起きして頑張りたいところ。

今月末に大会出ることが決まったので今月は2回出れそうです。月2のペースは保ちたいなと思います。

何握るかまだ決めてないですが、2戦やりそうな気がするのでその辺りも考えながら決めたいと思います。


そういえば今週末は新春トリオが行われるそうですね。
出たいなとは思っていたのですが、日付的に結構末に決まったのでバスがなかったりゆかりんのツアーがあったりと難しい時期だったのでやめました。

ヴァイスプレイヤーとしてはいつか出たいと思う大会ではありますね。身内で2チーム作って出たら楽しそうです。


何か冬終わる頃に大会とかやってくれるといいのになと思うこの頃です。モチベを保つのが結構大変だったりします。

身内と楽しくやれてはいるもののやっぱり公式の大会ならではの楽しさというものもあるので新春とBCFの間に何かやってほしいなと思います。


今日はカード触れていないのでこれくらいで。明日は時間がありそうなので何かネタを投下できたらと思います。

久しぶりの新聞デッキ

今日学校終わってからこの前の大会の金券を使って買った水着の立夏があったので久しぶりに新聞デッキをいじってちょっと回してみて納得いったので紹介してみます。

回し方の意識も前上げた時と比べて変わった部分もあるのでその辺りも述べたいと思います。


レベル0 17枚


好きの気持ち 立夏 3枚
μ 4枚
水着の立夏 2枚
お寝坊姫乃 3枚


ドキドキ妄想中? さら 3枚
妹みたいに 葵 2枚

レベル1 16枚


運命の赤い糸 立夏 3枚
公式新聞部部長 立夏 3枚
溢れる想い 立夏 4枚
ふたりっきりの帰り道 姫乃 1枚


ニコニコ笑顔 葵 4枚
フラワーズは大忙し! 葵 1枚

レベル2 4枚


帰ってきた笑顔美夏 2枚


不思議な夢で さら 2枚

レベル3 5枚


一緒が幸せ シャルル 4枚
恋する乙女 立夏 1枚

CX
いつまでもいたいところ 4枚
あたたかなところ 4枚


それでは解説です。

・レベル0

オレンジビキニがあるならオレンジビキニ4投してください() あれは考えれば考えるほど新聞とマッチしている4000出るカードなので。
デメリットがデメリットになってないです。

他に4000出せるのはデメリット持ちの葵か白河ことりのどっちかを使った方がいいと思うのですが、どちらにしろデメリットが嫌なので使うのやめました。

なのでμさんを採用して相打ちという形で相手を割ることにしました。

そして最近流行りのレベルパンプのカードがいます。D.C.だと音夢にリライトだと西九条などがいますがそれらを割れるように一応保険として水着の立夏を入れました。

起動使うと4500まで上がるので1帯でも十分使えるカードとなってます。起動は集中5積みしてあるので十分狙えるものとなってます。


そして集中は前よりも1枚積みまして5枚になりました。

1番集中として使いたいのは姫乃です。控え室から回収なので。同じハンドが増える葵とは違ってハンドの質も高められますが、葵のCX張った時に1500パンプは2000/1を4積みしている新聞にとって有意義な効果だと思い葵も入れてあります。

とりあえず引けないと負けが見えてくるので初手かレベル0帯のうちに引けるように5積みです。

そしてここで最近まで抜いていたのですが、再び採用したキーカードがあります。

・キーカード
ドキドキ妄想中? さら

前までは使ってなかったのですが最近ラブライブやシャナなど平均的に返しのラインが高いタイトルがあるのでそこと戦うために採用しました。

レベル0はパワーの高い新聞は少ないので微妙かもですが真価を発揮するのはレベル1以降です。
中央だけとはいえ破格の1500も上がるので中央を公式新聞部以外のサブアタッカーで割りに行き、傍を公式新聞部で割りにいけたりできます。
アンコール持ちが公式新聞部と不思議な夢があるのでフラワーズが腐りかかってた中で行きと返しも上がるので普通に強かったです。

そして姫乃と同じ感じで集中引けたら山の1周目は毎ターン打ち続けます。
新聞もバーンシャルルがいるとはいえ、打つまでの準備期間がいる=ターンを多く欲しいという結論なので目指すは1-6リフです。

あと根本的に集中打たないとハンドが持たないので増やす意味でも毎ターン打ちます。

0はμさんで割りながら集中打って、相手次第ですが好きの気持ちが残れば万々歳かなと思います。オレンジビキニいないとなかなか4000が素で出ないので返しが難しいです。


・レベル1

新聞の真骨頂です。基本的に毎ターン集中を打ち続けて相手の出てきたカードを割っていきましょう。基本3面割るのは難しくないはずです。

ここで後列を集中とドキドキさらになっていると中央に運命の赤い糸がいると8000まで上がるのでなんでも割れます。

溢れる想いは使い捨てで集中で拾って打ってパンプしての繰り返しだと思ってもらえれば。2000パンプもあれば割るのに苦労しないはずです。

先ほど述べた通り公式新聞部部長は3パン目なら8000なので傍に立たせて傍のキャラを割りたいです。
アンコール持ちなので返しのラインは気にしなくていいので。


ここで新たに採用したキーカード紹介。

・キーカード
ニコニコ笑顔 葵

こちらも水着の立夏同様に起動でバニラまでパワーラインが上がります。あと相手をリバース時に1クロックで1ドローできるのでコストを使わずにハンドを増やすことができます。

基本先上がりから相手のレベル0を踏んでハンドを増やすといった感じで使えます。ひとまず使い勝手はいいです。

一応助太刀を使うとパワーが上がります。なのでドキドキで返しのラインも上がるので助太刀1枚積みましてもいいかなと今考えてます。

フラワーズは公式新聞部部長と不思議な夢が入ったのでピン積みに。姫乃で拾ってこれるので欲しかったらそれで拾うといった感じです。


ここで1-6リフできていると結構いい圧縮にできるので頑張ってリフを目指します。

ドローソースは豊富なので積極的にCXを打ち続けます。ソウル不足も新聞の欠点であるので1000/1は積極的に張っていきたいところ。

1周目は8戻りリフで大丈夫です。まだシャルルの対応は握らなくていいです。


・レベル2

やることはレベル1と変わらないですが、相手の早出しが飛んでくるのでなかなか辛くなってくると思います。1帯で握ったアドでなんとか凌ぎたいところ。

1-6リフできているならここからCXはキャンセルに回せると強いです。しかしハンドがなくなってはどうしようもないので状況を見ながら打ちます。

目標としてはここでまた2-6リフ決めれると非常に強いです。圧縮が決まっていればそこまで難しくはないように感じます。2週目でシャルルの対応握れたら抱えます。

そして公式新聞部部長で辛くなってくるのでここで新たなキーカードを入れました。

・キーカード
不思議な夢で さら

フラワーズが抜けた原因のカードの1枚。場に新聞が2枚以上いれば9000アンコールになるのでなかなかの高性能。

溢れる想いと兼ねれば11000までいけるのでCX使えば相手の早出しも割りにいけます。

あと貴重なソウル2のカードです。バーンが2回から1回に減っても普通に使えます。使ってみると使い勝手の良さが分かると思います。


美夏は姫乃同様に効果は積極的に使っていくべきだと思います。
姫乃同様に2帯は長くやりたいのと早出しを簡単にメタれるので新聞でも強いカードだと思います。


・レベル3

対応握れていればシャルルバーンを打つ。握れてなければシャルルで回復しながら押し切ります。

バーンは1面で十分だと思ってます。なんとか3-1か3-2までは詰めてから打ちたいですね。
2面バーンを狙うと1帯2帯の動きに制限が出てきてしまうので僕は1面で十分だと思ってます。

そしてレベル3はやりたいのがバーンを打つことで回復をして粘ることではない=レベル3をたくさん積む必要性がないということで回復5枚にしました。
対応握れて無かった時もこれくらいで十分粘れると判断しました。

極論バーンにもっと特化するならシャルル4枚だけでいいとは思います。


CXは対応4枚と扉4枚です。対応握ってバーンしたいのと割りにいきたいという点でこの配分になりました。


理想論では1-6リフと2-6リフを決めて圧縮しつつキャンセルで粘りたいです。1ターンでも多くやれればバーンが1回でもなんとかなると思ってこの構築になりました。

2面バーンだと10コストかかるところが1面ならその半分で済むのでその半分を使って簡単にアドを渡さないようにしたいです。

人によってコンセプトが全然違いそれに伴って構築も全然違うので姫乃と同様に構築が楽しいデッキだと思います。

また新聞も今年の大会で使っていきたいですね。

休み終了

1週間の冬休みも終わり今日から仕事や学校始めの人も多かったのではないでしょうか。

そんな僕も学校が始まりここから勝負の2ヶ月が始まります。

テストがそこそこ1月末に控えており1科目でも転けた瞬間に留年が決まってしまうのでここは気を引き締めて臨みたいところ。なので1月はイベント行くのやめました。

2月はその救済があるかもなのでとりあえず勝負は2ヶ月です。ヴァイスは息抜き程度にして頑張ります。


それを乗り越えたら2月半ばからゆかりんのツアーも始まります。

昨日に追加公演である日本武道館の公演も決まり12公演となりました。多分史上最長の長さなのではないかと思います。非常に楽しみです。

全国を回りながら公演だけでなくその地方の名産や見どころを回ったりして旅行の方面でも満喫したいなと思ってます。

3月末まで過密日程となりました。


ヴァイスの方は2月と3月はPR集めないといけないので遠征先のショップ大会に出れたらと思います。ここで経験をたくさん積みたいですね。


話的には雑談とヴァイス話が混ざりましたが、明日余裕があれば久しぶりに新聞を見直してデッキレシピ上げたいと思います。

今年度もヴァイス話とライブ話を交えながらなるべくたくさん更新できるようにしていきます。

新年初大会

昨日は当初の予定どおり名古屋を回ってリトバスのパーツをちょこちょこ見て回り大会に出てきました。

しかしいきなり行った名駅のラボに構築済みのデッキがいくつか出ていてその中になんとリトバスおめかし軸があったので中身確認して買ってしまいました。




そしてスリーブが




なんとプレミア物でした。

これだけ入って7980円だったので高まるやつです。今の主流の構築とは違う型にらなりますがリトバスもほとんど完成です。


そしてその後友人と合流して193の方で大会に出ました。貴重な体験が出来たので楽しかったです。
こういう時に痛い目にあっておかないと身につかないです。


使用デッキ 姫乃魔法軸

レシピは年末に載せたのと全く同じものです。とりあえずはコンセプト通りには回せたかなというのが一言感想。


1回戦 ラブライブ ○

新年初戦はラブライブでした。多分コンセプト通りに1番回った試合でした。

先行もらったので音夢か巴どっち並べるか悩んで音夢出したらもぎゅっとに狩られ、巴で割り返したら相打ちで狩られるレベル0。なかなか難しい。

しかし2ターン目から集中引けたので使い始めて相手が先上がり。

集中海未は立つもののえりち1面しか来なかったので、黄色発生からのエリザベスと二人の時間でメアリーのパンプと2000/1貼って3面突破。その時に山が残り1枚で1-5の8戻りリフ。幸先の良い出たし。

相手が2に上がり、フルネーム海未で割ってくるも、返しに2-2から第二ボタンクロックに立てて覚悟から姫乃を出してまた覚悟が見えたのでまた覚悟打って姫乃出したら対応握れたので2点回復しながら第二ボタン立てて盤面完成。美夏握れたので返せました。

そのアタックは3キャンされるも、返しに2キャンしてCX吐くためにレベル応援2面立てて3パンすると3-3まで

返しに相手の3パンでレベル上がるも、盤面ガラ空きだったので3-3-3を作ってアタックしたらトリガーが載って貫通しそのままゲームエンド。

やりたいことが全てやれた試合でした。1帯のラインも2000/1で割れて、1-6リフ決めて、第二ボタン立てて2帯持久できましたし。


2回戦 リライト ×

この試合で美夏の扱い方に関してさらに意識が深まった試合でした。

先行もらうも5枚見たらCX3枚でマリガンしたらこんにちはの4枚目。そしてアタックしたら噛むCX。そしてキャンセルで見えるソウル2のCX... この時点で嫌な予感はしてました。

こちらが先上がりからのエリザベス立てて3パンするも2キャンされて1-0に。そしてちはや2面チェンジで盤面取れず。しかし集中は毎回使えていたのでなんとか事故は回避。

1-5で回ってきたのでクロアンしてクロックでレベル上げて覚悟から姫乃出すも対したものが引けず、1-0ちはや、2-2ちはや、2-2ちはやが場に並びハンド的に2面踏めなかったので仕方なく2-2残す選択をしたらその返しちはやシナジーからの3パンが貫通して3-1へ

音夢出して回復してとりあえず割っていくとあちらも貫通して3-0へ

いたキス2面からのソウルゲーもキャンセルが強く3-3で止めれて返しに回復してアタックで2-2-2作ったら3-3が入り3-6。

問題はその返しで山札10枚もない位でCX残り2枚。
2-2ちはやのアタックが入り3-4。いたキスのソウルパンプも止めて3-5。しかしここがプレミでした。そのあとサイドで1点入れられて3-6でボトムCXでゲームエンド。

ハンドに美夏がいたのにこの失態。最初のちはやアタックで入った時点で山札が薄くていたキスのキャンセルはほぼ確定していたので、いたキスのアタックで美夏打って1-0のキャラを逃がしてダイレクトにさせて確定キャンセルする場面でした。

とあるブログでその早だし飛ばす以外にもその有用性が書いてあったので頭にはありましたが、知っているのと実践できるのでは大きな差があることを実感しました。まだまだですね。

結果的に勝てる試合を落としました。まあこれも経験ですね。
ちはや2面に触れれない時点で終わってた感はありましたが。


3回戦 新聞 ○

姫乃の勝率が悪い新聞です。

0から相手のキャンセルが強くCX張るも打点がなかなか通らず逆に貫通する始末。1帯も立夏に蹂躙されてフルボッコでした。

ここまでならともかく覚悟が握れずにリフ入ってしまったのでダメかなと思ったらリフダメで落ちる覚悟。これはまだいけると思い集中打って回収に成功し、覚悟から姫乃出してシナジーで音夢出して3パンでようやく打点が追いつきお互い2-2へ。
相手が集中握れてなかったのでなんとか1-6リフは止めれました。

その返し姫乃と音夢にサイドしてきたのでこれは多分美夏持ってると思い、持ってた対応で1-1立夏を山札に盛り、ダイレクトとサイドで美夏回避し2-5まで。

返しに3パンで3-1になり山8枚でCX2枚残していたのでこれはまずいと思い、とりあえず1枚でも戻ってほしいなと思い集中したら2ヒットで8戻り。音夢出して3-0に戻し2-3-3を作ってアタック。

最初のアタックが入り相手がレベルアップして3-2そして2パン目もトリガーが噛み4点でリフを挟んで4点貫通してリフダメでゲームエンド。

24-7の戻りだったので無理かなと思ったのですがCXを下に固めるデスカットを発揮してしまいカット力で勝ってしまいました。

返しはシャルルの2面バーンが待っていたのでここで決めれて良かったです。これもヴァイスシュヴァルツですわ...


4回戦 SAO ○

この試合もちょっとした発見がありました。

先行もらいまた音夢か巴か悩む初手。相打ちいるし音夢出したら加速リズで叩き割られました() 0の読み合いになかなか勝てない。

ひとまず先上がりしてエリザベス立てて3面割ると噛んだ2枚のCX。集中でリフは早いものの1-6リフできずに8点確定は弱いなと思いましたが、相手が1000/1からのアタックの3パン目を止めてくれて1-5止め。
クロアンしてなんとか1枚掃いてハンド的に上がらなくても戦えたのでクロック破棄して1-6で7戻りリフ。

最後のアタックはダイレクトだったので止めてくれてありがたかったです。


返しに3-3までいくもクロックに音夢が落ちたので覚悟から姫乃出して対応握ってシナジーで音夢出してアタック。

返しに姫乃を閃光で飛ばされるも音夢に2000/1で割り返して相手が先に3へ

相手が3-3からアスナで3-2になりアタックで3-1まで飛ぶも返しに2-2-2の2キャン要求を作り最初のキャントリ噛みが貫通してゲームエンド。

この試合で始めて知ったのですが閃光のパンプって自ターンだけなんですね...使ってたのに気づかなかった。

1回間違ってテキスト覚えるとあかんやつですね。指摘されるまで気づかなかった。

ずっと12000に身代わりで15500とか無理ックスって考えてました()


通算4戦 3勝1敗

とりあえず新年の初大会は運の良い場面もあり勝ち越すことができました。


ひとまず美夏の扱い方はまた一つ意識が高まった部分ではいい試合だったと思います。
早出しメタるだけでなく、すっ飛ばして打点を狂わせたりリバース効果を使わせないなど使い勝手はいいのでもっと扱えるようになりたいです。

そして強い強い音夢シナジーでした。姫乃で3枚引き込めるので普通に狙えるレベルなのがいいですね。除去してトップ盛りはやばかった。

あと悩みなのが第二ボタンでした。早出しできるといいのですが、意識して回しててもなかなか難しい部分ではあります。
レベ3になってから出すならふたりの幸せの方がいいかなと思いつつ起動効果1500パンプに早出しからのトップチェックは非常に強いのでこの部分また色々試していきたいと思います。

覚悟握れればなんとかなる姫乃はやはり強いし可愛いと思います。

次回の大会は今月末になります。次使うデッキはまだ決めてないですがまたいい試合できたらと思います。

寝正月

久しぶりの連休ということで寝てテレビを見て、黒猫のウィズやヴァイスやったりしながらだらだらと生活しております。


一応明日予定通り名古屋に買い物に行こうと思ってます。そのついでにこちらも予定通りに大会に出ます。なので明日は新年初の大会レポになります。

今年は100戦を目標としてるのでなるべく今年はたくさん大会に顔を出したいです。
ひとまず2月は最低4回は出ないと... まどかのPR回収しないといけないので。

ひとまずたくさんの持ちデッキがあるので色々使っていこうとは思いますが、まず新年スタートなので姫乃握ります。実践で以前提言したプレイングができるか試してみます。

秋葉のラボで回した時並みに行けば... とは思いますが。

ちなみに193に行きます。愛知県民の方が何人か見てくれていますので一応場所だけ書いておきます。


他にネタが無いので今日もプレイング論にしようと思いましたが、基礎基本に戻ってデッキの構築に関して意見を述べていきたいと思います。

あくまで個人的な意見なので軽い気持ちで見て頂ければと思います。


まずデッキは50枚で構築します。そしてCXは絶対にデッキに8枚入れましょう... 本当に基礎基本です。
ここまではどのタイトルも変わりません。

なのでCXを省いた残り42枚を同姓同名4枚までというルールと昨年から出た3種制限や枚数規制に禁止カードのルールを守りつつ自由に組んでいくことになります。

ならまずどのようにカードを振り分けていくかを考えていきます。これは使用するタイトルや個人の好みに分かれると思いますが


レベル0 14枚~18枚
レベル1 9枚~16枚
レベル2 4枚~8枚
レベル3 4枚~8枚


の枚数で回すと上手くいく感じです。よく売られているトライアルデッキを二つ合わせてちょっと弄るだけで案外強かったりするのはこのバランスが上手く取れているからです。

ならその振り分けた枠の中で何を採用すればいいのか?というところですが、各レベル帯毎で紹介していきたいと思います。


・レベル0

ゲームのスタートのレベル帯です。主に後列向けのカードや絆や集中等のサポートカードは主にこのレベル帯に入ります。
個人的には

・アタッカー 7枚~9枚
・後列向け 3枚~5枚
・サポートカード タイトル毎に上との枚数を考えながら入れる

といった感じで考えてます。

まずアタッカーですが是非採用したいのが

・3500や4000のデメリット持ちの高パワーアタッカー
・移動持ち
・相打ち

この3種類は非常に入れたいところです。

基本的に僕は3面割りを推奨しているので相手が出してきたキャラは基本的に全部割るという意識を持っているので、まず単純にパワーが高いキャラを採用すれば割れるので採用。
そして引けなかった時のために相打ちで割る意識ですね。
少なすぎると引けなくて相手にアドを取らせてしまうのでこの枚数だと結構安定します。


移動はあるタイトルと無いタイトルがあるのであれば絶対に入れたいところ。初手で引ければまず返ってきます。これ1枚でハンドを維持できます。

一番の理想が高パワーを立てて相手を割って返し返ってくることです。まあ甘えですが。


後列向けですがこれはタイトル毎に分かれますね。応援にプラス何か効果が付いているものを採択したいところ。
例えば応援に+レストでパンプとかですね。
序盤だけでなく中盤以降も無駄にならないものを入れましょう。


そしてサポートカードですが、これは集中やハンド入れ替えなど事故防止などデッキに安定感を与えるものです。

CXが見え過ぎたりハンドアドを稼ぐために集中を入れたり、CXの処理や欲しいカードの確保のためにハンド入れ替えを入れたりですね。


その他だと絆先が優秀であるのならばセットで絆を入れるのも非常に強いです。1コストや1クロックでハンドを増やしながらアタッカーを釣ってこれるので。

例えどころだとまどかの林檎セットにSAOだとパーティ。とあるだと黒子が有名ですね。絆先とレベルが近いとすぐに使えるので絆先が腐らないので好印象。


・レベル1

最近はこのレベルが結構重要になってます。ここで割れなかったりして相手にアドを渡してしまうと後々苦しくなるのでここにも枚数をかけたいところ

・アタッカー 9枚~10枚
・助太刀 0枚~2枚
・いれば後列 2~4枚

こうなると思います。

まずアタッカーですがパワー面だと最低8000欲しいです。
ABに神の使いがいるのでまずここに届くパワーが出ないと勝ち目が無いです。なので行きだけでもこれくらいは出せるようにしましょう。

第二段階でこれはタイトルやコンセプトに左右されてしまうのですが、9500はなんとか越えれる手段を確保しておくといいです。リライトのちはやがいるので。

アンコールされてしまうとはいえ見た目で超えれれば相手に楽させないという点で踏みに行くべきです。そのためにこのラインにCXを張ってでも越えれる手段を作っておくと尚良いです。

なので1-1/7500や1-0/6000ないし6500出るカードを採用しましょう。パワーは大事です。

あとは割る意味では1相打ちがあれば積極的に採用するのも賛成です。
とりあえずぶつければ割れますし、残せれば相手に嫌な顔をさせることができます。


あとはあればですがパワーがバニラかそれ以上行くアンコール持ちは積極的に採用したいです。
例だと1-0/6000になるヴィルヘルミナや1-1/7000になる美琴などですね。

アンコール持ちは単純にハンドのいらないカードを切るだけで場にそのカードを残せるので無駄になりません。場持ちがよくなります。
コストがかかっているカードならアンコールするたびに1コスト得をしていると考えることができます。
相手の盤面を見て割れるところがあれば不要なカードでアンコールして割れるのがいいですね。

個人的には返しのラインはアンコールがあればアンコールで場を残すことを考えるので基本的には行きにしっかりパワーが出せるアタッカーが優遇です。


助太刀はタイトルによりますが、1帯で返しもラインが高いなら何か採用してもいいですし、何か条件付きで助太刀のパワーが上がるものがあれば積極的に採用です。使って無駄にならないものを使いましょう。


後列は基本的に0よりいいものが多いのでメリットをもたらしてくれるものは積極的に採用ですね。
例えばシャナのカムシンやABの見送るなどデッキの要になってくれるものです。


・レベル2

ここはタイトルに寄り切りなので多くは語らないです。

最低限あるといいなと思うものが助太刀とレベル応援です。


助太刀はイベントの助太刀もありますが、できればキャラカウンターも1枚入れておくといいです。回収できるので。

たまにハンドに余力があって回収するもの無かったりする時に便利だったりします。
なるべくここもオーバースペックの助太刀を入れたいところです。


レベル応援は早だしに依存するタイトルは是非入れたいところです。後ろにいるだけで1500上がるのは強いです。あとは付属の効果や色で採用を何にするか決めたいですね。

ここのレベル帯は早だしでも2のキャラに依存してもいいのでパワー的には最低限12000を超える手段は入れておきたいところです。
レベル応援混みのレベ3を見た目超えれるので。

リフ挟んだりするのであっという間に終わることも多いのでここは軽視してレベ1と3に枚数かける人が多いですね。


・レベル3

ここは言わずもがな最終局面です。ここはタイトルに依存するので詰めが強いか回復が強いかはなんともですが、勝負を決めにいけたり耐久できたりするカードをたくさん積みたいですね。



まあざっとこんな感じです。要するに42枚しかスロットが無いので有意義なカードを優先していれていきましょう。

1枚で2枚分仕事するカードとか必ずあるのでそういったものを採用することでその分他に色々といれられるのでそういうカードを入れるといいです。

最初分からないうちは入賞デッキを真似してみるところから始めてみるといいです。
どんな効果のカードが良いカードなのか分かるようになると思うので


・まとめ

パワー
レベル0 4000
レベル1 8000は最低。出れば10000
レベル2 12000

枚数
レベル0 14枚~18枚
レベル1 9枚~16枚
レベル2 4枚~8枚
レベル3 4枚~8枚


結構色々省いて書きましたが自分がデッキを組む時はこんなことを意識して組んでます。それが少しでも参考になれば幸いです。

またこんな感じで構築に関しても述べていけたらと思ってます。

運ゲーと言われがちなヴァイスですが、プレイングと構築でどうにでもなる場面は多いです。
CXの配置次第でどうしようもないことはありますが...

ただなんでもかんでも運が無かったとかで片付けてしまってはTCGの面白味がなくなってしまうので自分で意識して磨ける部分はしっかり磨いていきたいですね。
まだまだ個人的には修行中の身なので何かありましたら指摘して頂けると嬉しいです。


また定期的に思うところがありましたら書いていきます。予定では今回書かなかったシナジーの採用に関してになります。

年始の予定

年が明けてから親戚の家に行っては鍋をつついて酒を飲みの生活でした。

基本的に1人ではお酒飲まないのでこういう集まりで飲めるのは非常に楽しいです。

明日からはようやく落ち着きそうです。とりあえず明日は課題でもやって土曜日に名古屋のショップでも回りつつ今年初めての大会に参加しようと考えています。

軽く見た感じ2店舗くらい土曜日にやっているところがあったのでできたら2店舗で回り、時間が無ければ1店舗のみ行こうと思います。

早起き無理なので多分TCGショップ193になると思われ、とりあえず確実に1つは出ます。


ひとまず春まではゆかりんツアーに専念するのでデッキは組まないですが、探すカード無しでショップに行くのもありかなと思います。何か発見があるかもです。

今年はリトバスは組みたいです。あとはSAOの箱買ってが今の予定です。プラチナパートナー出るまではのんびり買っていきます。



ということで今日は久しぶりのプレイング論です。

確か昨年は

・むやみなクロックドローはしない
・基本3面見た目超えの3面割り
・0点からのサイドはしない

を述べました。どれも重要なことです。

今日ははたまた加減が難しいのですがCXを安易に捨てないことです。


今のデッキの傾向をみるとフル扉が多く少なくとも4枚は扉で残りにシナジーで2000/1や本などその辺りはタイトルごとに違います。ですがデッキの半分はハンドか増える1000/1が普通に入ります。

その中で最近回してて弱いなと思う動きの一つがCXを張らずに安易にクロックやハンド入れ替えで捨ててしまうことです。


まず単純計算で山札の1周目はお互い50枚でCXが8枚でスタートします。この条件は変わりません。計算してみるとキャンセル率は

・50枚でCX8枚の時
キャンセルする確率 16%
6.25枚でCX1枚

こうして数字で見ると1周目でキャントリとかソウル2で4点とか5点とか入るのは奇跡とかなんでもない結構当たり前のことです。


そしてリフに入った後ですが

・20枚でCX8枚の時(超圧縮)
キャンセルする確率 40%
2.5枚でCX1枚

・25枚でCX8枚の時(圧縮)
キャンセルする確率 32%
3.125枚でCX1枚

・30枚でCX8枚の時(まあまあの圧縮)
キャンセルする確率 27%
3.75枚でCX1枚

・40枚でCX8枚の時(悪い圧縮)
キャンセルする確率 20%
5枚でCX1枚

となります。

こう見ると2週目でCXを張るよりも1周目で張った方が打点が入りやすいです。

なので1周目で打点に差をつけた方が勝利に大きく近づきます。差をつけすぎると相手の高パワーで差が縮まってくるという点はたまにありますが、例外は抜きとしてこうして見ると1周目でCXを張るのは強いと言えます。


ならどこで張るかという問題ですが、ずっと回してきてここだ!という点はレベル1に上がった直後です。

レベル0は基本1パンか2パンでお互いハンドを維持しながら後上がりを狙うデッキが多いです。
レベル1の行きの高パワー化により、アンコールデッキならともかく瞬間しかパワーが出せないなら後上がりが有利なので

その中で後上がりだと相手の盤面は完成した後なのでこちらが普通に3パンするとトリガーが乗らないと1-1-1となります。

これはダメージレースだと先ほどの計算により弱いことが分かります。通りやすい山なのに打点を作れないので

あともう一つが集中の強いタイトルだと1-6リフを許してしまう要素になります。大体リフを狙っているタイトルだとレベル1を2ターンもあげれば大体やられます。
0帯はお互いスロースタートになることが多い中でそれだけ相手にターンを与えることになってしまうので

なので準備期間を与えないためにもなんとか上がった時にCXを張って2-2-2を作って少しでも相手の山が弱いうちに打点を通してしまいたいです。

先上がりになってしまっても相手が0帯のうちに3面並べることは少ないのでやはり上がった時に張れると大チャンスです。先上がりなら3-2-2とか作れます。

ここで貫通させて相手に準備期間を与えずにレベル2にスキップさせると準備ができていないので相手を悩ませることができます。

基本3面立てる1帯の頭で張る動きを意識したいです。


大会で勝ってきた中でこの動きができると本当に強いと思います。ソウル2や1000/1で無くても割るための2000/1などでもソウルは上げられるのでありです。


なら打つためにはどうするかという話ですが、意識することも大切ですが1帯のメインカラーを使うCXと統一できると打つ機会が作れます。

例えば

・フル扉なら赤なので1帯を赤で固める
・扉と本なら1帯は赤か青で固める

という工夫ですね。レベル1に上がる時は1帯で使うメインカラーをレベル置き場に置きます。
なので結果先ほど言った上がった直後に色事故で打てないということが無くなる訳です。

なのでまず構築から見直してみて1帯で打ちやすいデッキになっているかというのもチェックしてみるといいと思います。

あと1000/1はパワーも上がるので割りながらソウルを上げれるので非常に強い動きができます。割れないところもサイド1点からと言えるので本当に無駄になりません。


こういった動きを意識するために上がる時にCX1枚をハンドに抱えて上がりましょう。やってみると分かりますが上がった直後の1000/1は本当に強いです。ここで差をつけれるかが序盤中盤の分け目になると思います。

もちろん抱える動きはCXを抱えすぎてしまうので初手で来たらマリガンで切り、2枚来たら1枚落とした方がいいですが、まずCXは打つ癖をつけた方がいいです。


ヴァイスは何度も言うように盤面で勝ち負けを決めるのではなく打点を28点先に叩き込んだ方の勝ちです。

なのでまず相手より打点を作る努力をしましょう。それには手っ取り早く相手よりCXを張る回数を増やすことです。特に1周目の山でです。


フル扉は噛めば強いというのもありますが、1000/1で相手の盤面を崩しながら打点を作れて、噛むことでハンドを維持しながらその余力で再び打つことができるので強いと思ってます。

その強さの体現を示していたのがリライトだと思います。
フル扉でハンドを肥やせて、1帯からガンガンに打って、ちはやでハンドを維持しながらシナジーでハンドを減らさずに打って打点に差をつけてカリスマで蓋をしていたキスで詰める... フル扉の利点を1番体現していた型だと思ってます。

やられて分かると思いますがリライトの強みは1帯からちはやや簡単に維持できるハンドで1000/1を打って早いうちから高打点を作れるのが強かったのです。
ちはやと咲夜のセットももちろん強みではあるんですが。

ならリライトほどは無理とはいえ、まずCXを1帯から打って打点を作る努力をすれば勝機は作れることを頭に入れて回すと勝率が上がると思います。



話は変わり山の2週目も積極的に張る癖はつけていいですが、相手の山札の状況と控え室にストックにあるCXには気を配って張りたいです。

2週目は1周目より通りにくい山であることは頭に入れておきたいですが、それでも相手より打点を作る意識を持ちましょう。

キャンセルは配置なので仕方のないことです。まずは打点を作らないとどうしようもないです。


最近CXを捨てて打たないプレイングをちらほら見かけたのでちょっと一言述べさせて頂きました。

リライトや優勝した時のなのははそれを1番体現できたと思ってます。フルゲートで1帯のメインカラーは赤だったので意識するだけで簡単にできました。

まずは1帯で1発打ち込んでみましょう。その1発で勝率や展開が良くなると思います。そこから徐々に打つ回数を増やしてみると良くなっていくはずです。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

と言っても昨日は年越し忘年会からの親戚の家周りで時間が取れず帰ってきてからは早々に寝てしまったのでこの体たらくです。


今年はゆかりんのライブを1公演でも多く参加することとヴァイスでは再び大会で入賞できるようにを目標にします。

まだまだ甘いところはあるのでどんどん回してレベルアップしていきたいですね。

そんなところで今年もよろしくお願いします。

次回は最近またちょっと気になったプレイングに関して意見を述べていきたいと思ってます。
プロフィール

キッティ

Author:キッティ
名前 キッティ
出身地 愛知県
現在地 福井県

ヴァイスに熱中しつつも、田村ゆかりさんと宮野真守さんのファンをやってる大学生です。

基本的にヴァイスをメインにたまに日常やライブのことに関するブログを書いていきます。

主な成績
2013 BCF名古屋 なのはタイトルカップ 優勝
2014 WGP名古屋 トリオサバイバル ベスト8

twitterやってます。頻繁には見ませんが、情報交換等したいのでよろしかったらぜひ

twitterID:Nao_Nao_7

何かありましたらコメントか下のアドレスに連絡お願いします。

nana-nm7@oregano.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。