スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は佳境

いよいよ1月も終わりが差し掛かり、来週からいよいよ卒論発表の練習が始まることになりました。終わりも近いですね。

来週は発表練習と試験と卒論本文の添削の板挟みが凄いこととなりそうです。心が折れそう...

ここを頑張らないと明日がないので、頑張りたいと思います。


そんなことで前回はニセコイのレシピを挙げてみました。
わりと規制後に挙げてる人をあまり見かけないので参考になればと思います。

最近では、日々Twitterをメインとして様々なところで意見を見たりして、実際に使い勝手はどうなのか、自分のしたいことと噛み合っているのかということを確認したりしてます。

自分だけだと考え方が固まっちゃって本当は使い勝手がいいのに、これはないなと決めつけてしまったりしてしまうので、色々な考え方を見て柔軟に取り入れていけたらと思います。

前回のレシピだと、約束の言葉 千棘や積極的な女の子 万里花や赤ペンなどは元々採用してなかったところでしたが、こういったところから取り入れてみて使い勝手が良かったので採用に踏み切った経緯があります。

リペアになって個人で思いついたのは、

ちびは2投でいい。
秘密の場所で 小咲の採用。
修羅場を減らす。
レベ3を削った。
お化けを2投。

これくらいです。発想力が乏しいですね。もっと頑張らないと。

いい機会になったので、もっと視野を広げて自分のデッキに反映していけたらと思います。


卒論発表が終わったらだいぶ生活が落ち着くと思うので、ニセコイ以外のデッキにも踏み込んでいけたらと思います。

ちなみに艦これもぼちぼち弄っているのですが、全く強くならないです。愛が足りないんですかね...
他の方が回す艦これは強いので非常に参考になりますが、僕が回すと撃沈しまくりんぐ。
へたくそなんでしょうね。

あと10日くらいで卒論発表、試験、卒論提出も終わっているので、終わったらバイトに復帰しつつ遊びまくりたいなと思います。

それでは今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

ニセコイ 黄赤青

2時帰宅の5時寝の8時半起きという平日の生活でなかなか眠いです。昼休憩の昼寝がないとやってらんないです(*^◯^*)


そんなこんなで昨日の予告通り、現状のニセコイ紹介です。デッキレシピ紹介がニセコイばっかになってすみません。
卒論終わってもう少し時間が取れるようになったら、他のデッキも調整したいなと思うんですけど。

確か年末に挙げてそれっきりになってましたけど、結構変わりました。
環境トップの艦これを作って回したことでプレイングの意識も変わりました。

個人的には悪くない出来かなと思います。


レベル0 17枚



浴衣の千棘 3枚
ナツイロ 千棘 2枚



意外な一面 千棘 4枚
ちび万里花 2枚
積極的な女の子 万里花 1枚



水着の万里花 3枚
秘密の場所で 小咲 2枚


レベル1 15枚



放課後デート 千棘 4枚
約束のペンダント 3枚



修羅場な 万里花 3枚
首をかしげる万里花 2枚
約束の言葉 千棘 1枚
約束のペンダント 1枚



最高のステージへ 小咲 1枚


レベル2 3枚



お化け役 千棘 2枚
警視総監の娘 万里花 1枚


レベル3 7枚



素敵なダーリン!? 楽 2枚



深まる友情 千棘 2枚
乙女心 万里花 1枚



乙女心 小咲 2枚


CX



ダイアリー 4枚



10年間の想い 4枚


軸は変わらず、しかしその過程をもう少し見直し、レベル0とレベル3は結構テコ入れしてみました。


・レベル0

軸となる動きは変わらず、移動相殺をうまく使ってアドを取ります。


変えた意識はここでのアタック数の増加です。
艦これがそうですが、響や僕の場合だと霞がいるため3パンが容易でここでダメ差やストック差をつけやすい要因となってます。

艦これに負けた試合を見直してみると、赤城云々より、序盤でのアタック数により、差が開ききってることが多かったです。

そしてニセコイにはハンドを増やすものが非常に多いので、とりあえず艦これを真似して序盤は負荷をかけていけたらと思います。

特にストック面では、ある程度ゆとりが持てるようになるので逆に中盤で立ち回りやすくなるのもいいポイントですね。

理想は先行取って、移動で避けて3パンとかできるとレベル上がった時に4ストックあるのである程度のことがやれるのでオススメです。
後攻なら2パンから5止めして、その返しに2パンないし、3パンですね。

あと3パンを心がけることにより、面が埋めれるので結果的に被打点を抑えることができます。
あとは早いゲーム展開に持ち込めるので1リフさせません。

ニセコイに関してはメリットまみれなので手札に負荷をかけてここは無理してもいいと思います。
0帯で4パンして、最低でもストック3は持って上に上がれたら理想です。


そしてCXを風→2000/1にしたのは複数面並べるとパワーが出ないので、ハンドを減らさずに踏みに行ける点で入れました。理由は他にもあるんですけど、一つとして打ちやすいし、打ちたいから入れました。


各種カード紹介

・浴衣の千棘
3500アンコーラー、移動引けない時とかに入ると便利。

後列さえ埋まってなければアンコールできるので0の安定感に一役買ってる印象です。

1枚いると結構安心しますし、色発生要因にもなるのでいれておきたいです。


・ナツイロ千棘

買った当時は疑いの目を持ちながら買いましたが、正解でした。
いるといないとではかなりの差が出ます。

純粋に応援も無難なところですが、新婚互換テキストが序盤から終盤まで非常に役に立ちます。踏みに行く時の安定感が増えますね。

ただ、序盤は集中が後列にいることが多いので1面立てばいいので2投に。黄ペンもあるので十分かと。引けたらいいですし、引けないなら必要に応じて持ってきます。

修羅場が7500って言えるのが優秀。


・移動相殺

毎度のことながらお世話になりっぱなしです。先行で置けると強いアンド強い。

帰ってきたらそのまま3パンに持ち込みます。後攻なら浴衣と並べて2パンが理想ですね。

移動相殺に関しては、毎回書いているのでこれくらいで


・ちび万里花

ペンダント回収の枠。回収にストックがかかるので多用はしたくないが、ハンドは増えているので序盤のアタック数に貢献できるカード。

千棘と小咲もいるが、今は後列が揃っているので、トップを見れる万里花にしました。ここは好みかなと思います。
後列欲しいなら千棘と小咲で安定。

2000/1や打点調整の強みは姫乃の紫陽花で知っているので結構仕事します。

枠は2~3だと思うが、個人的には2で十分だと思う。


・積極的な女の子 万里花

抜いてましたが、また復帰。もう抜けることはないと思います。

トップを見れることも重要ですが、CX切れる有能。多投するカードではないが、いるといないとでは全然違うので1枚は忍ばせておきたいところ。
回収が豊富なのでめっちゃ仕事します。

CXの戻りが格段によくなるので是非取りたい枠。


・集中

初コイも入れたかったですけど、枠なくて断念。後列に置いておけるスペースも無かったので。
万里花は、青いしアド集中だしという理由で入れてます。

アタック時の1000パンプもあるのでサブアタッカーとしても十分いい仕事します。

3パンして集中して1周目の山を高速に削っていきます。
当たればラッキーくらいで。
2周目は大抵集中せずに前に出てアタッカーとして使い捨てることが多いです。


・秘密の場所

赤青ペン入れてた頃はかなりお世話になってたカード。乙女心 小咲の増量と共に姿を消しました。

入れた理由は、青要因である。0ではアタッカー、中盤以降では1ストックと軽いコストでサーチできる。こんなところでしょうか。

個人的にレベ3を減らしたかったので、乙女心 小咲を削るために入れました。

1コストでサーチできる点は黄ペン軸だと早々に打ち切ることが多いので1帯の後半から使えるようになるので非常に使い勝手がいいです。この節約が結構上に響いてきます。

2帯になっても乙女心 小咲+このサーチでセッツー破棄し続けれるので非常に心強いです。
基本的には小咲で空いたダイレ枠に投げます。

ペンダント選抜してるなら1度使ってみるといいと思います。


・レベル1

前とほとんど変わらないです。
基本的には放課後デートで面を固めて相手に圧力をかけていきます。
修羅場は扉引けたら狙っていきたいところ。黄ペンなら難しくないです。

上に上がる前にペンダントを2枚飛ばし終わり、乙女心 小咲と助太刀握っておけるといいかなと思います。
あと後列は何かしらパワーが上がるものが立ってるとなおいいです。


各種カード紹介

・放課後デート 千棘

黄ペンの利便性と共に黄色をやめられない理由の一つ。文句無しの4投

ノーコストで1-0/6500が立てられるのが非常に優秀です。基本的には相打ちに頼らずにこの千棘で上から踏みつけます。

並べる時にはナツイロか応援応援のどちらかを立てておくと7000~7500が立てられるのでより相手に圧力をかけれるのでオススメです。

2帯以降も乙女心 小咲と共に使えるサブアタッカーとして活躍してくれます。


・修羅場

黄ペン軸なら入れない理由はないかなと思います。
理由は簡単で、黄ペンでサーチが効くので、いつでも狙える点と、控え室に触れるという点です。

問題の枚数ですが、4枚だと重いので2枚~3枚が正解かなと思ってます。
個人的に3はいれば山に残ってるやろってことでマリガンで切れる要因になっているので3枚かなと思います。

ナツイロいると、2帯でも扉引いた時に小咲でサーチしてきてまたシナジー狙えたりするのでこの枚数が個人的に扱いやすいです。


・首かしげ

1相打ちアンドハンド切り要因。

4投したくなるが、面が空いてしまうため、出来れば1相打ちで相手を処理したくないのと、0-6でターンを貰った時に黄ペンのために黄色を立てる関係であまり並べることがなかったのが原因でこの枚数に。

ペンダントを選抜しているのでいれないのは弱いがガン積みするカードではないと思う。パワーできっちり踏み切りたい。


・約束の言葉 千棘

入れたり抜けたりして再び戻ってきたカード。黄ペン軸にはオススメのカード。

ナツイロとの差別で、返しまで2面きっちり1000上がるのはなかなか強いと思います。放課後デートのラインが簡単に上げられます。

ナツイロとどっちかで立てられればいいので個人的にはピンでいいかなと思ってます。レベル応援もいますし。

・助太刀

無難だけどいるといないとでは結構違います。色も青いので文句無しです。


・ペンダント

黄色3枚に、赤1枚です。

黄色が山のケアもでき、且つ打ちやすいので黄色4枚でもいいんですが、控え室に触れるといった点で赤もタッチしてみました。

ハンドを切ったり、控え室に落ちた必須パーツが拾いやすくなったりとプレイングに幅が広がりました。

記憶の条件として使ってますが、どれもテキストとして強いので有意義に使っていきたいカードです。


・レベル2

小咲カートします。小咲出して盤面を取っていきます。

回収で助太刀1枚握っておくと小咲を簡単に守れるので楽です。3投やめたのはここがあります。

セッツー破棄してダメージを溜めないようにして、ひたすら小咲でぶんぶんしましょう。


各種カード紹介

・お化け

頑張って枠を取って増やしました。その努力の甲斐もあってか、非常に仕事をするようになりました。

緑軸を回してた時に小咲チェンジからシナジーで助太刀拾って、返すという動きが非常に強かったので、この小咲でもやれるやんということでしたが、なかなかいい感じです。

早出し小咲を守るのもですけど、防御札として使ったりします。
最近リバース時の詰めのテキストがかなり多いので。

基本的には小咲早出し前に1枚握るか、小咲を早出ししたタイミングで握ります。これで素で13000、後列いれば結構返せます。

2枚いると回り方が違ってるので個人的にこの枚数にして正解でした。今だと減らそうと思わないです。

使い方でプレイングの差が分かれるカードですね。1コストで弾けるので自ターン最低2-2-1と言えるのもいい点ですね。当たり前ですが。


・レベル応援

レベル応援のテキストだけではなく、控え室に触れる部分にも注目です。

ラインを上げるだけでなく、5止め阻止からの詰めとか、控え室に触って回収をかけたりと2つ目のテキストが強いです。

無難なところだと助太刀で返す点で、青い小咲の後列の方が魅力的に見えるのですが、この点がかなり勝っているのでピンですが入ってます。

ペンダントに依存しない回収なので万が一って時にも役に立つので悪くないですね。


レベル3

理想は1-6、2-6リフを決めて3帯でもう一度強い山を形成したいです。わりと詰めきれないことが多いので。

ここでニセコイの詰めカードとして簡単に紹介すると

乙女心 万里花、深まる友情 千棘、楽、乙女心 千棘があります。

断トツで強いのは万里花なのですが、対策も取られた挙句ピンなのでわりと3-0から詰めきれないことが多いです。
なので、サブプランが必要だと思います。

個人的にここ最近回した感じだと楽が時点で強いと思いました。
テキストとしては場に出すと、全員のソウルが上がって、最後にアタックすると基本的には12000まで上がります。

なんかこのTDくさいテキストですけど、使ってみると評価が変わります。
単純にCXなしで3-2-2が作れる点は使ってて評価できます。

あとは楽を出したタイミングで上がるので調整も一応できますね。

スピードを意識して回せば、1リフ阻止できることも多々あるので、そこまで強くない山なら3ならそこそこ入ります。

よくあるあるな打点が足りなくて負けたということが減ります。

万里花で補えなくなった打点を楽で捻り出せたらいいよねって感じです。

個人的にこの手のテキストはリライトのちはややアスナで散々お世話になってるので、好きです。

あと地味にパワーが素で12000出るのも評価できる点なんですよね。わりとパワー出にくいニセコイでこの数値は結構魅力的です。

まず、ワンチャンあるなら楽で打点を入れてからマリカーでエンドするのが理想的な流れになるかなと思います。


そして、楽とプラスでもう1プランとして回復の千棘のテキストを使います。

起動で2レスト1コストで2000パンプの相手リバース時トップ盛りです。これもシャナ悠が強い事を考えれば強い詰めだと思います。

この1コストがなかなか捻り出せなかったのですが、0の意識改革と早出し小咲にしか頼らないサーチをやめたことにより、捻出出来るようになりました。

なので基本的には回復で3-0に戻して、楽出して3-3-2でアタックして返ししっかり耐えて、万里花で踏み潰すスタイルが現状のスタイルです。


乙女心 千棘も強いのですが、ショット1点ではなかなか詰められず、なら1個入れば致命傷まで持っていける楽の方がええのでは?と思って楽にしました。

そして万里花の成功率を上げるプランとしてパワー不足を引けたらの2000/1でなんとかすることにしました。

ナツイロがいれば13500まではなんとかなるのでありかなと。0でもパワー出せるリソースになるので入れてみましたがなかなかの好感触です。

次点では炎もありかなと思います。楽でソウル伸びたり、万里花のリスタンドもあるので。0での使い勝手の良さで今のところは2000/1になってます。


そしてワイ嫁の小咲ですが、このような諸事情により、枚数が減りましたが強さは変わらなく強いです。サーチも回収も強いニセコイなら2枚でも十分に回ります。


各種カード紹介

・楽

上記の通り使ってみると結構強いです。簡単にソウルを出せるのは強いですね。騙されたと思って使ってみるとなかなかの良さを発揮します。


・回復千棘

入れてないデッキも見かけますが、回復メタがいても回復を0にするのは弱いと思います。

持っていないタイトルが多いですし、3-1を3-0に出来る点はもう1ターンを期待するのに大きな力になります。

詰めとしても優秀なのでオススメです。


・万里花

最強のエンドカード。
しかしながら、使い方を間違えると詰めきれません。なので詰めに行くタイミング見極める力が大切になります。

ピンですが、握ろうと思えば普通に握れます。ニセコイのハンド維持力ならいつから握っても問題ないですけど、2周目の山から抜くのが理想ですね。

甘えた相手をぬっ殺すには十分なカードです。


・小咲

最強の早出しカード。時代は緑かもしれませんが、1枚で完結できるこのシンプルさが好きです。

基本的には早出したら助太刀拾ってきて守る感じです。2枚でもニセコイなら十分に2面並べられます。

詰めに影響できないので、レベ3を7枚にしたい関係で1枚削りました。


CX

扉4枚は確定。あとの4枚は好みが分かれますが、個人的には打ちやすい黄色をオススメします。

0-6でもらったときに黄ペン型だと黄色を立てたいのでその時に打ちたいことを考えると黄色が理想ですね。

あとは風か炎か2000/1ですが、個人的な評価は

2000/1≒炎>>風となってます。

2000/1は単純な打ちやすさ、炎は詰めの場面で噛んだら強いよねってことで。風は面取れるニセコイでは、かなり相手を限定してしまう関係で抜きました。

この中から好みで選べばいいかなと思います。残りの4枚の配分はもう少し考えていかないといけないなと思います。



長くなりましたが、ニセコイの紹介でした。

カードプールが1ブースターしか無いのにも関わらず、考えれる点がたくさんあって個人的に楽しいデッキです。ニセコイという作品も好きですし。

春から2期やるそうなので秋頃に追加頂けるとテンションがマックスになるのでブシさんには是非お願いしたいところ。

小野寺姉妹デッキ組むんや...


それでは今日はこの辺りで。

卒論も大詰め

卒論も本文はほぼ書きあがりあとは、修正したり、発表用のパワポやら原稿を作るのみとなりました。

わりと余裕が持ててるので土日はちょこちょこ研究室に行きつつ、基本的には大爆睡からのヴァイスやるみたいなこんな日々を送ってます。

土曜日は朝方まで起きてたせいで寝て起きたら、夕方くらいになっていて、研究室に顔を出して、作業を進めて夜中はBS1でスポーツ見ながら1人回ししたり、ニセコイの漫画読んだりしてました。

小咲ちゃんのあまりの可愛さにvitaのヨメイリがやりたくなったので、来月末に出るvitaのデビューパックを買ってやろうかなと思ってます。
評判もいいみたいなので。

調べて思ったことはvitaって結構安いんですね。3万もあれば、普通にゲームから全て揃えれそうです。2期後もゲームが出そうな気がするので、買っておいて損は無さそうな印象です。




あと漫画ではこのシーンの小咲にフィーバーしたので、デッキに入れました()



日曜日は1週間ぶりくらいに後輩と回しました。感覚はまだ狂ってないなと思いつつ、ニセコイ回して遊んでました。

ニセコイ回すの楽しくてやばいです。

課題も色々見えたので、またその辺りも含めて考えていけたらと思います。

先行1パンからの返し3パンできるデッキは強いなというのが最近の印象です。ストックにゆとり持てると全然違いますね。
艦これがその辺りいい教材になると思います。

ちなみに上の小咲の使い勝手は個人的には悪くなかったです。

ペンダント打てた後に、1コストだけでサーチ出来るようになるので、レベ3小咲が空けてくれたダイレ枠に投げてサーチしたり、1帯長引いた時のハンド維持にもなります。

以前使ってた頃の青ペンや赤ペン型と違って、黄ペン型なら2枚ささっと打つことが多いので、結構使える機会が多い印象です。
レベル0でも基本返し3500出るので悪くないですし。

青いってことも色事故を防げる要因になるので評価的には悪くないかなと思いました。

3日後に抜けてるかもしれませんけど、役割が2通りあるカードはそこまで無駄にならないのでもう少し使ってみたいです。


最近他の方のデッキレシピ見てると、ラブラを載せてる方が増えてきました。

宿敵ラブラも色々なタイプのデッキが出てきて、艦これと合わせて対策を練っていけたらと思います。

引き続き他の方の構築を見させていただきたいなと。


いつもならオフシーズンでモチベーション低下しまくりな冬ですが、今年はわりと楽しくやれてます。
ラブラの公開も終わり、ミルキィのTDなので微妙感がやばいですけど、そこに引きづられないようにしたいですね。

あとそろそろ前期の選抜の時期に入ってきました。キツくなる動きよりも、ゼロ魔みたいに緩くなる方が増えるのではないかなという個人的な感想です。

特にハルヒさん...

その辺りでまたモチベーションがぐっと上がりそうです。わくわくさんです。


今週どこかで時間が取れたら色々変えてみたニセコイさんでもまた載せてみたいなと思います。

グダリましたが、今日はこの辺りで。

ホンメイシリーズを試してみた感想

今日も卒論書き続けて肩がゴリゴリになってます。マッサージ屋に行きたい...


ラブライブのブースターが発売されました。一応デッキは持ってるのですが、周りが全員組むこともあってあまりやる気がないので買ってないです。やる気になったら買おうと思います。

個人的に組むんだったら青くして、黄赤青組みますね。


そんなことで昨日は深夜に帰ってきてから乙女心→ホンメイでデッキを組み替えてみて回してみました。

結論から言えばペンダントいらなくね?となりました。


ペンダントはそのものも強いんですが、他のデッキならガン積みされるほど積まれることのないテキストです。積む理由は思い出に送ることで記憶を達成することにあります。

それらは乙女心 万里花や小咲、放課後デート 千棘や緑のレベル応援に相打ちでしょうか。

致命的だったのはホンメイシリーズはペンダントが必要ないことです。それを考えると入れる意味があるのかどうかという問題になってきます。

もし抜けば、ペンダントの枠を他の枠にもできますし、ストックが貯めやすくもなります。

個人的にペンダントを入れないなら、高松互換で速いゲームに持ち込んだ方が強いかなと思ってホンメイシリーズで組むなら赤青緑になるんじゃないかなと思います。
現状ペンダントを抜いた緑軸のデッキはそんな感じになってます。

果たして、日本と海外の統一はなされるのでしょうか?選抜が楽しみです。


あとホンメイの使い心地は悪くなかったです。万里花のバーンも強いですし、小咲もハンド切れるのでそこまで見劣りするものではないかなと思います。

乙女心→ホンメイになると他のカードは選抜から抜けるはずなので、小咲早出しで山削ってから擬似リフとかできます。十分強いんですが...

十分に楽しめたので、日本版に戻してまた色々と考えていきたいと思います。


とりあえず今日明日頑張れば休みに入るので頑張らないと。

それでは今日はこの辺りで

乙女心→ホンメイ?

絶賛卒論を書いてます。図の作成が面倒過ぎて疲労とストレスがマッパです。


そんな中海外版のニセコイのホンメイシリーズが全て出揃ったとTwitterに上がってました。
まだリスト上がってなかったので信憑性がないんですが、まあ参考程度に。

(追記)
Twitterにカードの写真が上がってたので載せておきます。

ホンメイ万里花



登場時トップチェックして鍵なら1点バーン。他の鍵のキャラがリバース時自分のキャラを1000パンプ。

ホンメイ小咲



山札から鍵持ちサーチ→2ドロー1ディスに変更。あとは変わらず、と思ったら控え室のCX6枚以上の時に早出しに変更になったそうな

ホンメイ誠士郎

登場時3枚まで見て1枚ハンドに入れて残りを捨てる。
他の武器か令嬢が2枚以上で11000になる


色々調整が入りました。とりあえず誠士郎は泣いていい。

ホンメイ千棘はもう公開されていて、おさらいしておくと

登場時2ドロー1ディスに対応ダイアリー(2000/1)で3000パンプにショット付与というテキストになってます。


ここで一つの疑惑があって日本版と海外版のカードの統一がなされるかどうかという問題です。

無難なところだと前期の規制が2月頃にあるのでそこで発表してしまうのが一番無難といえば無難なんでしょうか。制限がまた大幅に変わる可能性が出てきました。

海外版で変わったのは乙女心シリーズ→ホンメイシリーズだけなので

乙女心シリーズ全て禁止になり、その代わりにホンメイシリーズが配布されるのが無難でしょうか。

統一しないなら恐らく今のまま何も変わらないでしょう。


もし統一されると楽が戻ってくるのでくそ高いPR買った人たち(僕も含めて)が真顔なんですがそれは... まあ新規で組む人たちが組みやすくなるのでありなんでしょうけども。

2月の選抜はかなり注目ですね。個人的にもちょっとホンメイシリーズを使ってみたいですね。2、3日このテキストで遊んでみます。


それではまた卒論作成に戻ります...
今日はこの辺りで。


センター試験

センター試験お疲れ様でした。受けたのはもう4年も前の話になるので毎年この時期が来ると懐かしく感じます。

新年会の話題でも出ました。一応みんな曲がりなりにも受けてきてるので結構話題としては噛み合うんです。

受けてる側からすると人生がかかってるのでたまったものじゃないですけど、終わってみると案外いい経験になったりします。

あと大学休みになるのが大きい()


そんなことで週末は新年会やったり、後輩と艦これシュヴァルツやったり、もう一人の後輩が僕の持っているニセコイの単行本読んでクソハマってたり、色々ありましたが楽しい週末でした。

SSAでは大規模にライブがあって友人たちが何人か行って楽しんでましたけど、それに負けじと楽しかった。最近後輩と仲良くなってきたのもあってリアルの生活が楽しいです。


春から院に上がるので、今年は極力ライブ等は行かないようにしたいなと思ってます。行くのはゆかりんの単独までに止めたいなと。

昨年の終わりの方はいい感じに減らせたので、あと2年は今のペースを維持出来たらと思います。


そんなことでニセコイのマイブームは止まらず、今は打倒艦これを目指して色々とデッキを弄ってます。

僕の作った艦これを後輩に回してもらって色々試しましたけど、大半の勝負は0帯で決してるのを感じました。

まだ紹介したことはないですけど、僕の作った艦これは赤城選抜の黄緑のテンプレです。随所変えてますけど。

まず0のアタック数が格段に違います。主に響と霞のせいで。

先行あげると2ターン目から3パンしてくるので、ちんたらしてるとあっという間にダメージ差が開きます。

ダメージがイーブン以下だとらしんばんと赤城がある艦これに軍配が上がるのでなんとか2-4くらいで相手を上げて赤城を耐えて返し詰めるくらいのことはしたいです。


なんにせよニセコイ並みにハンドを増やす手段が豊富で、0は20枚くらい入るので結構安定するんですよね。作ってみると改めて強さが分かりますね。早いゲームに簡単に持っていける強さですね。

艦これ戦だけじゃなく、他のタイトルとでも、上も大事ですけど、まずスタートを意識して回してみると結構ゲームに影響してくるので面白いなと思いました。

今はそんなことを考えながらニセコイの赤黄青を回してます。


明日からまた1日研究室なので作業しながらのんびり考えていきたいなと思います。

それでは今日はこの辺りで。

またカード売りました

めっちゃ久しぶりにカードを売りに出しました。某通販サイトへ。

この間整理した中からもう使わないだろってやつとニセコイとシャナのサインやホイルにしたところの余ったパーツがメインです。

シャナもニセコイも友人らが組んでるので欲しい人が誰もいなかったので仕方なくってところです。

器とかゼロ魔のパーツとか結構高いんですねぇ... 58枚で16000円超えました。ここからダメージで下がっていくんでしょうけど。

1番謎だったのはゼロ魔とか相思相愛がなぜか4枚もあったこと。全盛期でもこんなに使わないんですがそれは...


個人的にデッキは結構持っているので、デッキとか丸ごと売ると結構なお金になりそうですね。
相当お金に困ったらやりそうですけど。

昨日はその整理をしていたのであまり回していないです。


最近は研究室にこもりっぱなしなので回す時間はないですけど、考える時間があるということで何かカードを発見しては試してみたいなと思う日々です。

それでニセコイの擬似リフ選抜で1枚良いカードを見つけたので通販で購入しました。

三角関係 小咲ってカードです。TDに1枚だけ入ってます。

テキストは鍵持ち全体500パンプと2レストで相手リバース時に1ドロー1ディスです。

まず全体500パンプは強い。そして、緑で宝4投なので、とりあえずハンドを切れる手段となるだけありかなと。

集中はあまりしないのでレストコストもあまり気にならずといったところ。上で起動1000パンプ振れる小咲との相性も悪くないので試してみたいなと思いました。

ペンダント軸の後列として使ってもいいかなと思ったのですが、集中は1リフ狙いで毎ターン捻りますし根本的に1帯が赤黄なので3色目はさすがに無理やろと判断。


TD買ってなかったので気づかなかったんですけど、知ってしまったので試す価値はありそうです。

そんな感じで入らないカードとか売ってみると案外いいお金になりますよっていう宣伝も込めて今日はこの辺りで。

お気に入りのカード その2

幸せな3連休も終わり、また平日がやってきました。しかし今週末はセンター試験があるため、なんと土日は強制的に休みです。大学の敷地内に入れないですから...

金曜日も前準備で休みになるのかはたまたどうなるか分からないですが、今週はわりと楽そうな感じにはなりそうです。


そんなことで最近モチベーションが非常に高いですが、ニセコイしか弄ってないのでそろそろガルフレさんでも触ろうかなと思います。


今日は話題がないのでめっちゃ久しぶりに個人的にお気に入りのカードを紹介したいと思います。

前回はたくさん載せた気がしますが、今回は各色2枚くらいまでに抑えようと思います。
前回(いつ載せたか覚えていない)と見比べてどう変わったのか見直してみたいですね。

では始めます。






俗に言ういたキスです。

趣味でやっていたヴァイスを真面目にやり始めた時に初めて使っていたフィニッシャーです。

その強さは言わずもがな、全盛期リライトを印象付けるカードの1枚です。

今の環境のフィニッシャーから見ると見劣りするかもしれませんが、ソウルパンプにショット付きという噛み合いの良さが好きなカードです。

あとちはやの中で一番可愛いのもありますね。






ヴァイスの中で一番可愛いと思うカード。サインで一番イラストアドが高いと思ってます。

理由は簡単。大好きな静流の中で一番好きなイラストだからです。

テキストも条件緩い早出しに往復3000パンプと書いてあることも弱くはなく、静ルチアで主力の一角となってます。

これは前から変わっていないお気に入りのカードですね。




個人的に緑で一番強いカードなのではと思ってます。

D.C.で1番好きなキャラである姫乃で1番好きなカードがこれです。2013年の後期から2014年の前期までずっと使ってました。

ヴァイスで初めてフルレアにした魔法デッキの主軸の一角で、この先相方となる魔法持ちでエグいのが来たらヤバいんだろうなと思いますね。

とりあえず可愛い。テキストも強い。最高ですね。






ヴァイス至上単体で1番の詰め性能を持ったカード。ニセコイの冬を支えたカードの1枚です。赤どころかヴァイスのカードの中で1番強いんじゃないですかね。

ヘイトも高いとは思いますが、後で紹介する小咲と共に2014年後期で3会場で個人勝率85%を叩き出せたのはこのカードのおかげです。いい思いをさせてもらいました。

万里花のイラストで1番好きなのはこれですね。サインはマジでやばい。次に好きなのはこの間出た高松互換です。

1制にはなりましたが、このまま禁止にならずにデッキに入れる状態を維持し続けてくれることを祈りたいカードです。




赤だと単体性能は万里花に次ぐ強いカードだと思います。多分。
可愛いというよりかっこいいカードですね。なのはの良さが表されているカードかなと思います。

あと個人的にはゆかりんのサインってことでアドです。フェイトサインと交換したのはいい思い出です。






青で1番強いと思うカード。書いてあることがおかしいですね。

万里花と共に中盤以降のニセコイの勝ち筋となったカードです。ハマると万里花まで行かずに相手が死ぬこともあるほどの強烈なカードです。

条件の緩々な早出しに、出してもハンドが減らず、パワーも出るという謎仕様。よく制限かからなかったなと不思議な1枚。

今もこのカードのためだけに青をタッチしてるほどですね。
あと小咲ちゃんの中で1番好きなカードです。イラスト可愛い。時点はジュリエットのCXですね。





ヴァイスを始めたきっかけはリライトでしたが、その中で何のカードがきっかけで始めたのかと聞かれたら、あまり記憶に残ってないですがこのカードがあったからじゃないかなと思います。

静流ルートの感動的な1枚。イラストが絵師さん仕様なのは原作だと文章のみのシーンだからです。

イラストが上手く表されてるこのシーンのカードが好きだから始めたんじゃないかなと思います。

テキスト?お気に入りのカードにテキストを求めたらあかんです。


こんな感じで現状ではこれらが個人的にお気に入りのカードとなります。静流とか姫乃は前やった時と変わってないはず。
ニセコイはお世話になってるのと自分の中でブームなのでその流れがありますね。

また忘れた頃に気が向いたらやってみると面白いかもしれませんね。


それでは今日はこの辺りで。

ニセコイデッキ 赤緑青

ついにニセコイがフルレアになりました。



光り物はそんなに多くないですし、制限かかった影響もあって結構楽に光らせれました。
ペンダント選抜なら青タッチが正解なんじゃないかなと思います。1リプして小咲早出ししてって形が鉄板なんじゃないかなと。

あとは細かいところは様子を見て変えていきたいなと思います。


そして今回主軸としてこのカードらをメインに使いたいなと思って余ったパーツを使ってもう1デッキ作りました。



噂の高松互換の万里花です。ようやく冊子を受け取れました。

そしてもう1種は



ジュリエットです。コミック読み返したら高まり過ぎてお気に入りのシーンになりました。

今回はこれらのカードを上手く使ったデッキを紹介したいと思います。万里花単じゃなくてもこのカードは上手く使えます。まだ試作段階ですが、なかなかいい感じです。


それではまずレシピを

レベル0 17枚



浴衣の小咲 2枚



聖夜の輝き 万里花 4枚
意外な一面 千棘 4枚
積極的な女の子 万里花 1枚
初コイ 千棘 2枚
浴衣の万里花 2枚



水着の万里花 2枚


レベル1 10枚



優しい心遣い 楽 1枚



修羅場な万里花 3枚
可憐なお嬢様 万里花 2枚



はじめての訪問 小咲 4枚


レベル2 8枚



とびきりの笑顔 小咲 3枚



お化け役の千棘 1枚



白衣の天使 小咲 2枚
ニセコイの恋!? 小咲 2枚


レベル3 7枚



放課後デート 小咲 4枚



深まる友情 千棘 2枚
乙女心 万里花 1枚


CX



あなただけのジュリエット 4枚



10年間の想い 4枚


選抜は擬似リフです。
ペンダント使わないの?と思われるかもしれませんが、この2種のカードを使いこなすためには擬似リフ1択となります。

理由は後ほど。


・レベル0

マリガンは0以外は切って大丈夫です。扉引けたら修羅場シナジー狙いで残してもいいと思います。

先行なら移動相打ちから高松互換、後攻なら適当なカードと高松並べます。

このPR万里花を入れてるので、引けたら積極的なアタックを仕掛けていきたいです。
先行なら1パン→3パン。後攻なら最低でも2パンしていきましょう。

ストックはそこまで考えなくてもいいのでアタック数をしっかり稼ぐことを意識します。


各種カード紹介

・浴衣の小咲

色発生と行き4000が強くて入れました。結構用途はあるので悪くない1枚です。

・移動相打ち

言わずもがなアドカード。このデッキでも活躍します。上手く移動して相手にアドを与えないようにします。

・高松互換の万里花

このデッキのコンセプトカード。強さはABで知れ渡っていますね。

ストックをハンドに簡単に変換できるので、3パンに貢献してくれます。移動相打ちがいるので先行ならそれ、後攻ならこの万里花で理想な動きに持ち込めるのが強いと思いますね。

一応自分も回収できるので万里花ループできます。

このテキストを使いこなしたいのでコストのかかるペンダントは今回は使わないことにしました。
この万里花使ってペンダントを使うストックなんてどこにもないです。

最近流行りのゾンビハンターや艦これの擬似相打ち等には注意が必要です。

・積極的な女の子 万里花

どの場面でも役に立つカード。枠を増やして2投にしようか悩んでます。

CX落としはもちろんのこと、トップの確認は非常に役に立ちます。

・集中

後列が悩みますが、擬似リフを採用しているので万が一の時のために連発できる集中兼任で後列で仕事する千棘とアド集中の万里花を入れました。

ただ高松を回すので前半はそこまでストックに余力は持てないので、打ちまくらないのが吉です。

あと1リフしたくないのでこの配分になりました。

・浴衣の万里花

ナツイロが高えよ買えねえよってわけではないです。
応援はもちろんのことレストパンプも役に立ちます。

入れた理由はアド集中をそこまで使わないことと、上で起動効果を使いたかったので入れました。

ナツイロがあるならナツイロでもいいと思います。


・レベル1

クロアン並べて修羅場します。以上。

1リフはそこまでしたくないので集中はそこまで打たずに。ストックに余裕を持たせたいので。

後列は応援か、初コイは置いておきたいところ。ラインが黄色と比べると微妙ですし、1相打ちもいないので


各種カード紹介

・修羅場

安定安心の修羅場。3投で十分に狙えるかなと思います。パワカなのでこのデッキにも入りました。扉4投なのでノータイムで何枚かは入りますね。

・クロアン小咲

青発生の要因とペンダントに左右されずに1-0/6000クロアンになれるので無難に採用。改めて使ってみるとなかなか強いですね。

・クロアン万里花

色発生が困難な時にというのと、3パン目なら6500まで伸びるので採用しました。500差は結構差が出ます。
1枚出ればいいので優先は小咲です。

・1助太刀

このデッキのコンセプト上、上で助太刀が欲しいのでコストのかからないという理由で入れました。色も強いです。


・レベル2

小咲チェンジを決めるかどうかの選択をします。

助太刀を持っているorシナジーで持ってこれる状況ならチェンジを決めます。
チェンジは回復とハンド切りなので、タブついたCXを簡単に処理できます。これがあるので宝4投もいけますし、無理に1リフを狙わなくてもいいのかなと思いました。

1リフしない分のフォローとしてここで擬似リフが出てきます。

1コストで1点分とハンド1枚得するだけでなく起動を使えるのも優秀です。1リフしたくない=擬似リフでフォローのために擬似リフを選抜しました。

あとは小咲シナジーを決めて山を硬くして、返しはシナジーで拾ってきた助太刀を投げ続けるだけです。

圧縮が決まりやすく、再び宝が噛んでハンドに結構入ってきますのでまた打って山を硬くしてを繰り返します。

助太刀が多いのはチェンジ元ってこともありますけど、このチェンジで出した小咲を守るために入れてます。よく出来たチェンジセットだなと使ってて思いました。


各種カード紹介

・チェンジ元小咲

無難に強いです。チェンジを決めるかは上記にも書いた通り状況を見て決めましょう。小咲ループが始まると止まらなくなります。
シナジーで拾ってきて助太刀打つか、またチェンジするかと選べるので結構楽しいです。

・お化け

無難に強いので入れてます。ミラーやリバース時効果を避けれたりと1枚でも入れておくと結構安心できます。

・擬似リフ

今回のコンセプト上必要なカード。ペンダント選抜しないなら間違いなく入るでしょう。

擬似リフはもちろんのこと起動2000パンプも非常に優秀です。

・後列小咲

レベル応援と悩んだ枠だったのですが、色発生と効果の強さでこちらを選択しました。

鍵とスポーツ全体1000パンプと起動を使うと1面1000パンプ振れます。

行きは擬似リフや浴衣の万里花等で起動を使いパンプし、返しは助太刀を多用するので返しもテキストが使えることを考慮してこちらを採用しました。

シナジーが決まれば基本的にハンドは整うのでレベル応援のテキストも使わないですし、全体1000パンプなのでクロアンで残った1-0も仕事を継続できる点でこちらが優先かなと思いました。

返しも助太刀打つことで2面守れたりするので結構役に立つ1枚です。緑のコンセプトならこっちかなと思います。


・レベル3

緑小咲を並べてシナジーを決めつつ、回復をして時間稼ぎして押し切ります。

詰めのカードはそこまで入っていないので回復とシナジーの圧縮でなんとか耐えて相手を殺し切ります。

・緑小咲

緑のコンセプトカード。回復しつつシナジーで山を圧縮しつつ、必要なカードを持ってきます。

デメリットで後列を寝かさないといけないのはネックですけど起動使えなくなるくらいでさほど影響はないかと。青小咲と合わせて優秀な1枚ですね。

・回復千棘

起動はほとんど使わないので回復バニラ。回復量の増加と登場時にデメリットがある小咲との差別化で入れてます。

起動も使えば後列の小咲のテキスト起動にも使えますし、悪くないと思います。

・乙女心 万里花

バーン?というカードになってますが、リスタンドだけでも十分に脅威になるカードです。

サーチ自体は難しくないので握ることは難しくないです。ワンチャンの詰めとしてありかなと思い採用してます。



こんな感じで擬似リフ選抜というデッキを作ってみました。結構いい感じになりました。

レベ2でガン回ると小咲チェンジ→シナジー→宝噛む→助太刀をで迎撃→再びチェンジ→シナジーという面白い動きが出来て楽しいです。

昨日世界大会の決勝がやってましたが、ニセコイ側はペンダント選抜の赤青緑で早出しとチェンジの小咲を採用しているという面白いデッキでした。

まだまだ可能性を感じるタイトルなので、もっと色々試していきたいと思います。

世界1位は艦これとなり、2位はニセコイと今季を印象付ける結果となりました。

次の前期はどうなるか分かりませんが、また個人的にもチーム的にもいい結果が残せるように頑張っていきたいと思います。

それでは長くなりましたが、今日はこの辺りで。

来期の環境予想

ラブラの公開も始まり、早速強い追加となってきてます。

艦これがトップなのは2月制限が大きく変わらない限りは揺るがないと思います。艦これがランクSとします。

それに続くAランクに相当するのは今のところガルフレ、リトバス、ラブライブ、ニセコイリペア、SAOだと思ってます。春の追加もまだ控えてる中で断言しちゃうのもどうかとは思いますが、現状はこんなところかなと。
もう少し絞った方がいい気がしますけどまあ個人の暫定なんでこんなもんですね。


艦これは新たに制限がかかりましたが、追加もあり安定感が出てきたと思います。
パワー不足気味だったところも青の採用で解決できますし、従来推していた黄緑も暁の登場である程度安定するようになりました。
らしんばん、各種メタ、各種エンドカードが物凄い強いです。このカードのせいで相性負けがどうしても出てくる。

ニセコイほどではないとはいえ相変わらず強いです。頭一つ抜けてますね。
そしてアニメ化したので追加あるんやろ(確信) プールがやばい


そしてそれを追う5タイトルです。

ガルフレは最近出たタイトルですが、早速全国で入賞しました。

プールが2ブースターに近い枚数があるのも魅力的ですし、色が固定されるので非常に回しやすいくせに、カードパワーがおかしいものが多いです。

個人的に推しは黄色です。壊れが多い。黄色タッチ赤が1番いいんじゃないかなと思います。

黄色の盤面クラッシャーぶりは物凄いので来期は旋風を巻き起こす...気がします。エンドカードが非常に強力なのも推せますね。


リトバスは近年の追加でカードパワーが弱くなく、プールも広いので様々な構築が出来ます。対応力があります。

トップにはならないけど、環境を見て構築を変えられるところがリトバスの強みかなと思います。

一応自分でもメタカードを持ってますし、エンドカードも非常に強力なものが揃ってます。あと防御札があるのもいいところ。来期も結構出てくると思います。


そして現在公開中のラブライブです。

元々そこそこバランスよく強いカードが揃っていましたが今回の追加で課題だった部分も解決しつつありますね。
早出しを踏みに行けるカードや、後列でレベルパンプのカードが出たのも結構美味しい。

詰めもまた種類が増えましたし、来期は作品人気もありますし結構出てくるのでは?と思っているタイトルです。


SAOも注目のタイトルの一つです。
昨季も大会終盤で発売されてトリオで結果を残してきました。

今まであまり選択肢にならなかった青がシノンの追加で強くなり、移動も増えたことで0、1帯に安定感が出ました。

扉なしで戦えるのが強いですね。バランスが良いだけでなく、フィニッシャーもシノン、アスナ、キリトと強力ですし来期はこれも結構出てくると思いますね。

さりげにマザーズロザリオの追加があると思われるのでここに追加はなんかやばい気がします。


そしてニセコイです。制限がかかってリペアとなりました。

制限がかかったものの未だに安定感はピカイチ。あまり事故を感じさせない。
擬似リフと多面マリカーが出来なくなったくらいの制限だったのでまだまだいけます。

青タッチか緑タッチか悩むところですけどどっちも強い。

あと細々とPRで有能なものを貰ってるのもちょっとした期待感がありますね。めっちゃお金かかりますけど...

春からアニメの2期も始まるのでもしかしたら秋から冬にかけて追加もらえるかも...? このプールに追加きたら結構エグいんですがそれは...



こんな感じで個人的な見解を述べてみました。ざっくりと。

夏までは結構落ち着いた環境にはなると思います。環境を見つつ組み替えたいですね。


特にネタもなかったので今日はこんな感じにまとめてみました。
いい加減に郵便局に行って万里花本を取りに行かないと...

それでは今日はこの辺りで

高松万里花

昨日発売された万里花本の付録で付いている万里花の総称です。

ABの高松互換だから高松万里花なんてTwitterで話題になってて面白かったです。

さて問題はその必要性なのですが、多分現存された型にはストック足んなくて入らない気はします。

ただ0のアタック数増加に間違いなく増やせるので選択肢として持っておいた方がいい1枚だと思ってます。
ABも型としてこのカードを主軸とした形もありますし新たな選択肢として不足のない物かと。

あとで買うとなんか高そうなので、とりあえず密林さんで4冊買って4枚揃えました。

一つ考えてるのはペンダントを使わない型ならストックの関係上ありかなと思うので、選抜擬似リフにして赤緑青なんてありなんじゃないかなと思います。

万里花投げ続けてアタック数の増加。結構楽しそうです。

とりあえず選択肢が広がるよ


そしてニセコイはペンダント選抜の黄赤タッチ青の軸はフルレア完了しました() 今通販で買ったので届くの待ちの状態になってます。
気づいたら4デッキ目です。
ワンチャン緑に変わる可能性もありますけど緑のRRRめっちゃ安いんで路線変更は可能ですね。

ニセコイもパーツ買い足して緑を軸にした形か、万里花単組みたいなと思います。卒論終わってからぼちぼちパーツ探していきたいと思います。


こんな感じでニセコイフィーバーしてます。フルレアに出来たら載せるついでに選抜部分も含めて考察をまた書いていけたらと思います。


そういえばついさっきニセコイの海外版は乙女心シリーズ変わるんだっけということを思い出して、Twitterで探してみたら千棘はもう公開されてたんですね。

登場時2ドロー1ディスのシナジーで3000パンプのショット付与と最近流行りの感じになってます。

対応は相変わらずのダイアリーなので2000/1です。パワーめっちゃ上がりますね。

1月末に発売されるそうなので他の乙女心シリーズも気になりますね。

そしてサイン買って気がついたんですけど、2月の制限で乙女心シリーズ廃止とかやめちくりーなんですけど... まあ可愛いのでいいですけど。はたまたどうなるやら。

2月はこの辺りも含めてどうなっていくか楽しみですね。

では今日はこの辺りで。

暗黒の日々再来

正月休みも終わり暗黒の日々再来しました。ここからは2月上旬開けまで卒論に作成に追われる日々となります。

昨日実家を出て、また福井に戻ってきましたが、その直前に地元の本屋でニセコイ買いました。



名古屋のメイトに1巻だけないので敬遠してましたが、駄目元で行ってみたら案外普通に売ってました。さすが田舎クオリティ。

昨日は1巻からずっと読んでましたけど、ジャンプで追っかけていたとはいえ1話とかもう読んだのが3年くらい前になるので結構読んでて懐かしくなりました。

最初は打ち切りだろww と思って流し読みしてたので細かいところはあまり覚えてなかったです。
同時期の恋染紅葉の方が生き残ると思ってました(白目

個人的に評価が上がったのはアニメ化が決まった頃からで、本気で真面目に読み始めたのはるりちゃん回のところです。昨日何回も読み直しました。

あとは読み返してみると序盤は各ヒロインの印象があまり良くなかったのが打ち切りと思った原因でした。
千棘はゴリラやってますし、小咲もヒロイン...?ってくらいあまり印象が残るようなことしてませんし...

個人的に序盤で推したいのは6巻の文化祭でのロミオとジュリエットの劇ですね。あそこまで読めればあとはすらすら行けると思います。あの回も読み返してみたら物凄く良かった。

あとは春ちゃん可愛い。以上。


そしてラバマ買っちゃいました



安定の可愛さ。

春からアニメ2期がやるそうなので、早くカード化してくれませんか(願望

2クールとして秋か冬くらいに追加されることを期待してます。今度はシングルではなく箱剥きます。


そんな感じで最近ニセコイがマイブームになってる日々です。ニセコイと共に卒論で忙しい1ヶ月を乗り切りたいと思います。

忙しいので更新が減ったり、内容がカスカスになったりするかもしれませんが、よろしくお願いします。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

新年から親戚の家に行って夕飯などをご馳走になり、毎年恒例ながらも充実した正月を過ごしてます。

休みもいよいよ明日で終わり、明後日から卒論完成に向けて終日研究室という日々が始まります... 1ヶ月憂鬱になりそうです()

他の大学だともう少し休みが続いたりするのですが、うちの大学は短いです。


とりあえずヴァイスの方はニセコイを中心に回してます。とりあえず紹介したデッキからまたちょっと入れ替わりましたが完成しました。

ミルキィが流行ったら楽くんピンで入れます。

あとガルフレも回してみて、黄色は風が邪魔なので扉にしてレベ3だけ赤を混ぜてタッチ赤にした方が強いと思います。あれだけパワーがもりもり出るのに風なんてあまり役に立たんのや...

赤は無難だけど無難で終わりそうです。1番強いのはプール的に黄色でしょう。それに扉の対応が強い意味でクロエと無難に強い苗を入れて、適当なタイミングでレベル置き場に置けばいいと思います。

フィニッシャーも強いので上手く立ち回れたらガルフレも来期はトップクラスになりそうな能力はありますね。

そしてリトバスはどうしようか悩んでます。

プールのカードが良くてどの環境にも対応できるのが強みですね。ゼロ魔とか艦これにニセコイ見ると1帯で楽させないためにも1帯は手軽にラインが出るはるかなが正解じゃないのかなと思います。

フィニッシャーが問題ですけど。武蔵並べたいけど武蔵入れると諭吉入れられなくなるジレンマ。マジで4色とかやってみたい...


そして最後はゼロ魔です。実は持ってます。

3種制限がかかって完全に死んでいた時期に安くなってたのでパーツ一通り買っていたので今回復帰したので改めて組み直してみました。

無難に組むならゼロ魔が席巻した2012年のBCFかその辺りのフルパワーの時の構築を参考にするといいと思います。

ただし、今は結構辛いですけどね。
返しは強いですが、行きが本当にパワーが出ないです。ここを克服できるなら結構いけると思うのでもう少し考えていきたいと思います。


こんな感じで新年からぼちぼちと回してます。
そしてニセコイは気付いたらあと小咲のサイン2枚と千棘のサイン1枚でフルレアになります。光り物が少ないので非常に楽で助かります。

春前までには終わりそうです。


それでは残り少ない休みを満喫してきたいと思います。それでは今日はこの辺りで
プロフィール

キッティ

Author:キッティ
名前 キッティ
出身地 愛知県
現在地 福井県

ヴァイスに熱中しつつも、田村ゆかりさんと宮野真守さんのファンをやってる大学生です。

基本的にヴァイスをメインにたまに日常やライブのことに関するブログを書いていきます。

主な成績
2013 BCF名古屋 なのはタイトルカップ 優勝
2014 WGP名古屋 トリオサバイバル ベスト8

twitterやってます。頻繁には見ませんが、情報交換等したいのでよろしかったらぜひ

twitterID:Nao_Nao_7

何かありましたらコメントか下のアドレスに連絡お願いします。

nana-nm7@oregano.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。