FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.の新作発売決定

朝早くからで結構眠たいです。ようやく週の真ん中まできました。夢の3連休まであと少しです。

週末は基本は栃木で回す予定です。
どうやら友人(びっぱーさん)の知り合いである宇都宮の一刻勢の方々も一緒にWGP仙台への調整として一緒に回すことになっているそうです。

前回のBCFでもトリオで入賞していた人がいる一刻勢の方々で、非常に勉強になると思うのでとても楽しみです。

僕もまだ先とはいえ、名古屋と金沢と東京が控えているので実力者の方々と調整できるのはありがたいです。

11月からはフェイトのPR回収も含めて出れるだけ大会に出ようと思うので、残り1ヶ月ちょっとでしっかり準備を進めていけたらと思います。



それで昨日バイト終わった後にふとTwitterを眺めてたらD.C.の新作の発売の情報が流れてました。




2月末に予習として2の4本セットとなった廉価版が出て、4月末に新作となるようです。
メインヒロインであった音姉とのその後のお話みたいですね。

これは非常に楽しみです。
ただマイヒロインの由夢ちゃんじゃないのが残念!ちょっとは出てくるとは思うのでそこに期待します。

なんにせよ、来年も何かしらD.C.は追加が出そうですね。プラチナかな多分

とりあえず2は本編しかやったことないので廉価版安いので買うと思います。4本入りで4800円は安い



今日は時間があるので少しだけプレイング面のお話を

最近当たり前のプレイングになりつつありますが、終盤相手にエサを与えないプレイングが最重要課題となってますね。

簡単にいうとリバースの条件の詰めを持ったタイトルが対戦相手になった時に、相手が先にレベル3に上がる時やお互いにレベル3の時にこちらが3-0とかで相手を詰め切れなかった場面で、パワーが低いキャラをあえてチャンプさせて面を空けることで詰めのテキストを使わせないという戦術です。


今年度に入ってからこのリバース時にバーンやリスタンド、クロックシュートなどできるキャラが非常に増えました。

ざっと数えてみるだけで

まどかのほむら
リトバスのささこ
なのはの新なのは
ラブライブのにこや新μ's
ニセコイのマリオカート
ログホラのアカツキちゃん
SAOのキリト
シャナのシャナ
ファントムの緑のやつ
とあるの屋根の下
ミルキィの魔女っ子
ミクのミク
艦これの緑のやつ
・・・・


などなどあげてみるとめっちゃありますね。
持っていないタイトルが全体の半分くらい?
流行ってるかなと思うだけ上げてみましたけど結構あります。


面を開けるとダイレクトになるって書いてありますけど、例えば

リバース時にバーン持ちがアタックでトリガーが乗らなかったと仮定

バーンまでされると打点がアタックの打点2→バーン1となります。

ダイレクトだと普通に3点ですね

同じ3点ですけど何が違うかって全て止めるのにCXの枚数が違うところですね。
ちょっと考えてみれば当たり前なんですが

当たり前のことなんですけど、CXの枚数の差が勝負の分け目となることが多いこのゲームでこの差は終盤決定的な差になりやすいです。

マリオカートの強いところって打点をバーンとリスタンドで作れるところもですけど、バーンで弱い打点を止めてしまって本体のアタックの打点が入って死ぬケースが結構あります。だから2-5とかから死ぬんです()

バーンは追加打点として打点を作れるだけでなく、その1点を止めてくれる可能性があり、そのおかげで他の打点が入りやすくなるメリットがあります。

クロックシュートとかになると避けようがなくて確定1点分なので、3-6になっちゃったら投了ですからね(白目)
リスタンドなんてされようものならもう一回相手にチャンスを与えてしまうので


こういう現状があるので相手のタイトルを見て、詰めにこういうものを持っているタイトルなら複数面やらせないために、パワーが上がらないキャラがいるときはあえて潰すというプレイングを使えるようになると3-0から一気にあの世行きになることが減るかもしれません...


最近はコストが軽いものが増えたので複数面狙うことが非常に簡単になりました。この辺りはマリオカートを筆頭として、ほむらや新μ'sなどがそうですね。

3面全てラインを固めて対抗できるならともかくそれが無理なのであれば複数面させない工夫が必要です。

マリオカートが出てからめっちゃ意識が高まったプレイングなのでちょっと書いてみました。
その裏をいき、あえて相手が弱いカードを出してきてチャンプをさせてくれないというプレイングもあるんですけどね(白目)

そういうことを相手に強いることができるだけでこういったカードは本当に強いと思います。
マリオカートさんあかんやで...

簡単な対策としては他にはホラーか諭吉があるとクロックシュートとアタック時バーン以外は防げます。
簡単な解答ができるD.C.やリトバスは本当に羨ましい。
これらのカードの価値が最近上がってますね。


長くなりましたが、こういったことを今期はしっかり意識するだけで勝率にだいぶ差ができてくると思います。
まずは相手のタイトルの見極めをして終盤にどういう動きをしてくるか対戦中に見極めましょう。

練習なら一回まともに食らってみて危機感を覚えるのも個人的にはありだと思います(アヘ顏)


ということで最近流行っている当たり前のことであるエサを残さないプレイングを紹介してみました。

今日はこの辺りで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キッティ

Author:キッティ
名前 キッティ
出身地 愛知県
現在地 福井県

ヴァイスに熱中しつつも、田村ゆかりさんと宮野真守さんのファンをやってる大学生です。

基本的にヴァイスをメインにたまに日常やライブのことに関するブログを書いていきます。

主な成績
2013 BCF名古屋 なのはタイトルカップ 優勝
2014 WGP名古屋 トリオサバイバル ベスト8

twitterやってます。頻繁には見ませんが、情報交換等したいのでよろしかったらぜひ

twitterID:Nao_Nao_7

何かありましたらコメントか下のアドレスに連絡お願いします。

nana-nm7@oregano.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。