スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰めに関して

今日はバイトが休みなので2本立てということでたまには有意義な文章を書けたらと思います。

久しぶりのプレイング面の話。
今日は最近殺意に満ち溢れている詰めに関することをテーマに書いていけたらと思います。


詰めというのは単純に言えばアタックの打点以外のダメージリソースもしくは、相手のキャラや控え室のカードを山に盛ることで確定ダメージを作ることです。

簡単に言えば相手を殺しきるカードです。

例えば、よくあるあるであと1点入っていれば勝てたのに... とかこの打点が入っていれば勝てたのに...
こんな悩みを解決してくれるのがこれらのカードです。


最近は万里花を筆頭とした強力な詰めカードがばらまかれているので、回復耐久というよりもこのようなカードを多く積んで自分が死ぬ前に相手を殺すデッキというのが主流になっているように感じます。

それでは一つ一つ解説していきたいと思います。



・ショット

このキャラが与えたダメージがキャンセルされた時にもう1点与えるというものです。
1番分かりやすいものだとショットトリガーかなと思います。

艦これの武蔵からキャンセル時に山札のトップを公開してそのレベル+1分の追加ダメージという新しいショットも登場しました。


前者のショットの強みは3-6や3-5から詰められること、後者だと2-Xと言えるのが強いと思います。

特に後者の場合デッキの半分くらいが1点以上のダメージとなるので本体を止めてほっとしたらその本体以上の打点が出る可能性があるのが怖いところです。

使い方としては高ソウルでアタックして通ればそれはそれでいいし、キャンセルされてもショットが待ってるやでという形が理想かなと思います。

前者のショットだと3-0から詰めるにはちょっと弱いので、前のターンに3-3くらいまで持っていってから使いたいですね。
3-3-3-ショットで2キャン要求に出来るのが強いです。


武蔵ショットはリスタンドに匹敵する打点が出る可能性があるので複数面並べれば3-0から詰めれる可能性が高くなるので複数面並べることを意識したいです。
今のところだと艦これとリトバスとラキルとなのはが保持してますね。

この手のカードだと、全体ソウル上昇のいたキスや、自身のソウルを上げることが出来るフェイトちゃんが個人的には強い1枚かなと思います。

メリットとして細かく詰めれる点が非常に優秀です。


・ソウル上昇

俗にいうソウルぶっぱ

とりあえずソウルを上げてワンチャンに賭けるという使い方も出来ますし、サイドで打点調整をしてホラーなどの防御札を使わせないという使い方も出来ます。

メリットとしてはCX無しで打点を作れるのでワンチャンがあること。全く打点が足りなくてワンチャンすらないじゃ話にならないので

デメリットはそもそも通るのかという問題が...

理想的には3-1から3-3-3の2キャン要求出来たら強いと思います。
自分で巧みに打点を調整が出来るのが魅力的ですね。


有名なところだといたキスやSAOのアスナなどが知名度が高いと思います。
あと打点を操作できる点ではラブライブの希も優秀ですね。


あとソウルを出すと言う意味でバウンスもここに当てはまるよねと友人に指摘を受けました。確かに考えるとそうですね。

面を空けることで打点を作ることが出来るので狙ってやるならここも上手く打点を作れますし。

意図的なバウンスなら、ラブライブのえりちやAWのブラックロータス。シナジーなら1番有名なのはリッカさんですね。




・クロックシュート

条件は相手をリバースしたらそのキャラをクロックに置くことが出来るテキスト。

確定的な詰めで非常に強力だが、条件がシナジーだったり、コストが重かったりしたが、ラブライブのにこを筆頭にささみなど使いやすいものが増えてきました。

まずメリットとしては条件さえ満たしてしまえば確定ダメージという点です。
ここは未だにバーンメタや諭吉などに引っかからない優秀な点であると言えます。

1面出せば相手を3-6にした時点でゲームセットって言えるのが強いです。防ぎようがないですからね。

デメリットとしては相手をリバースしないといけないのでエサが残ってないとシュートすら出来ないという真顔感。
パワーが越えられないと非常に泣けます。

これらを克服したのが、自力12000出るささみであったり、艦これの赤城赤城赤城という多面並べれて、対応宝でもりもりパワーが出るものがあります。

そしてラブライブのにこだと返しもシュート出来るので相手にプレッシャーをかけれる点で優秀ですね。

先ほども述べたとおり対応宝が増えてきたのでここ最近では条件は緩くなってきている傾向なんじゃないかなと思います。


・ストック入れ替え

D.C.のななかやアイマスにイベントがあります。相手のストックを控え室に落としてその枚数分山からストックに並べるというものです。

かなり運ゲー要素が満載なテキストですが、相手のデッキタイプによっては物凄く刺さったりするのでやる価値はある場面は多々あると思います。

相手のストック状況と山札状況に左右されますがうまく打てばガン刺さってCX埋め込みまくって死にます。圧縮を決め込むことができるデッキほど刺さる可能性が高いですね。

ただ何を埋め込むか自分も相手も分からないのでその辺り良くも悪くも運ゲーですね。CXを全く埋め込まずに相手のキャンセルに貢献してしまうこともありえますし...

状況によって面白いカードではあると思うので紹介しました。


・相手の山の操作

これはD.C.の環とビビオペのわかばくらいしか知らないんですが、相手の山を2枚見て1枚までボトムに送り込めるテキストです。

なのでCXが見えたらボトムに送り込み、無ければ確定2点と言えるなかなか強いテキストですね。

一回これを食らって見事にCXをボトムに送り込まれて死にました。




・バーン

これは赤特有の能力。
しかし最近はイリヤやSAOなど、青で出たりしてるので一概には言えません。

簡単に言えば追加で1点与えるテキストです。ショットと違って打点が100%出るので足りないところからワンチャンが言える可能性があります。

バーンは最近だと2種類あり、一つが登場時やメイン中のバーン。もう一つがシナジーや自身のテキストによるアタック時やリバース時のバーンです。

バーンの強みは1点の加点もありますが、この1点を止めさせて本体の打点を入れることが出来るところかなと思ってます。

万里花が強かったのはバーンの加点もありますけどバーンを止めさせて本体のダメージを入れることが出来る点にあると思います。そのチャンスが2回ありますし。

1点だけ止めても継続の2点やら3点やら入ったらなかなか辛い部分があります。

登場時バーンは多面並べることでその可能性を上げることが出来るのが強いですね。3面並べたら1点×3ですからね。入ったら美味しいし、止めさせても美味しいという。

あとアタック時なら諭吉系に引っかからないのも良い点ですね。リバース時は引っかかるので悪しからず。

とりあえず確定1点が強いです。ルガールや万里花みたいに多面狙えて生きるカードかなと思います。最低でも2面は狙いたいですね。


このテキストで強いのはシナジーでノーコストのルガールや登場時トップ参照のノーコストバーン榛名やしんちゃんや立夏、そしてリスタンド持ちでバーンが付いている万里花が強い印象ですが、多面バーン出来るならどれも強いと思います。

1点止めた時の絶望感がやばいです。
詰めの中で基本的に1番3-0から詰めれる率がリスタンド並みに高いと思います。


・トップ盛り

リバース時にそのキャラをトップ盛りだったり、キャンセルしたら控え室を盛ったり、自身リバース時トップに盛るなど色々あります。

例だとシャナ悠、リライトのちはやにリトバスの佳奈多、剣聖などが当てはまります。

とりあえず1点確定する点で優秀です。ただ普通のアタックだとトリガーが乗る可能性があるので100%と言えないのがなんとも、しかし確率が上がる点は見逃せません。

上記のバーンと組み合わせると確定で1点入れたり出来ます。要するに使い方かなと思います。

コスト0でこういうのが付いているとレベ3でストック足りなくてもこれでワンチャン盛って勝ちに繋げれる点で僕は高く評価しています。

絶対ではないですが、無難に使いやすいものが多いのでデッキに忍ばせておいても良いかなと思います。

スタンだとこのテキストを使いまくって山数枚盛って確定にしたりできるみたいです。これは強い()




・リスタンド

各色全部一応ありましたが、キリトの印象が強いのでここに入れました。最近だと万里花さんがバーンも合わせて猛威を振るってますね。

発動条件は様々ですが、満たすと2回アタック出来ます。これは強い。

単純にあと1歩足りないところからもう一回ブン殴ったら勝利に繋がるってやつです。
これまではシナジー持ちですらかなり重く、主流だったシャナの器で対応混みでリバース時に3コスト1クロック必要でした。

それが最近はシナジー無しでキリトが3-6の条件ながらアタック時3コスト2ハンドでリスタンド、ラブライブだとリバース時に対応と2コスト1クロックでリスタンドというものが出ました。

そして極め付きは万里花がリバース時に2コスト3ハンドというニセコイにマッチした物も出てきました。

なんにせよ条件はきついかもですけど、狙う価値は多いものがほとんどです。コストを払うタイミングやリバースの有無はカードによって違うのでそこは確認して動いていきましょう。



ざっと解説混みで書いてみました。

知っている中でこの中で詰めテキストを2つ兼任しているのは、全盛期で猛威を振るったリライトの詰めであるいたキスと、現在壊れまくってるニセコイの詰めカードの万里花だけかなと思います。
あと友人の指摘でメンコのキリトもそうですね。忘れてました()

あとクレしんのしんちゃんもバーンとシナジーで盛りなので兼任ですね。ご指摘ありがとうございます。

どれも普通に強くてやばいですね。


どれを使ってもなかなかの物なのでどれを使っていくかはそのタイトルの特色となっていますが、上手く使っていきたいものです。


ちなみに今まで殺された中で1番多い気がするのはリスタンドとバーン込みの万里花。各種クロックシュートかなと思います。

この辺りは食らうと止めようが無いので本当に強いと思いますね。


次はこれに対抗する防御札や防御面に関して書いていきたいと思います。
こっちは全部把握してないので知っている知識で書いていこうと思います。
個人的にも色々と調べて整理する意味でもいい機会になりそうです。


では抜けてる部分があるかもですが、今日はこの辺りで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詰め要素を二つ兼任しているカードということで、レベル3のしんちゃんもバーンとシナジーのトップ盛りでその一つだと思いますよ。

Re: No title

コメントありがとうございます。

そうですねしんちゃんも兼任ですね。ご指摘ありがとうございます。
プロフィール

キッティ

Author:キッティ
名前 キッティ
出身地 愛知県
現在地 福井県

ヴァイスに熱中しつつも、田村ゆかりさんと宮野真守さんのファンをやってる大学生です。

基本的にヴァイスをメインにたまに日常やライブのことに関するブログを書いていきます。

主な成績
2013 BCF名古屋 なのはタイトルカップ 優勝
2014 WGP名古屋 トリオサバイバル ベスト8

twitterやってます。頻繁には見ませんが、情報交換等したいのでよろしかったらぜひ

twitterID:Nao_Nao_7

何かありましたらコメントか下のアドレスに連絡お願いします。

nana-nm7@oregano.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。