スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制限改正後ニセコイ その1(仮)

一昨日は国立の前期試験のために、学内に入れない制限があったため休みでした(ひゃっほい)

なので引っ越しの片付けをしてました。ようやくすっきりしました。部屋が広々していいものです。


この週の初めにに制限改正後の艦これと回す機会があったので存分にやってきました。

とりあえず結論からして

・メタが片方ないだけでもやりやすい
・ドジッ子から島風は相変わらずの安定感
・武蔵武蔵(ry 死ねるお
・ラインが低い印象

まだ青は試してなかったみたいなので、選抜が響と初風になってましたが、とりあえずやりやすかったかなと思います。

響選抜なら回収し放題なのでやりたい放題だったので個人的に選ぶなら初風なのかなと思いました。

序盤から相手をしっかりメタれる点は評価。あと後列としても優秀。
そしてドジッ子が相変わらずの好カード。

そしてラストの武蔵多面はなかなか殺意があります。


ただ、問題が青を使わないと1帯でラインが立たないので相手にかなり楽をさせてしまうことが問題かなと。
ここでガウル互換やら明石の出番かなと思います。結構互いに引き締まると思いますね。

個人的な推しとしては初風選抜の黄青緑かなと思います。
響入れないので島風対応と本にして、詰めは武蔵と緑がわりと入るところから日向とかどうでしょう。回復できるので2、3枚積んでもいいと思います。

個人的に持っていた艦これは艦これが好きな友人に全て売り払ってしまったので、あくまで対戦した側の意見となりますけど青は推したいと思いますね。

そんな感じで制限のかかった艦これに関してはそんな印象を受けました。


そこからニセコイさんの話に切り替わるわけですが、またあれから色々あって結構細かいところが細々と変わりました。

キーカードとしてはPR辺りがそうなるのでしょうか。
ファンミで話題になっていたナツイロや高松互換の価値を見直してみて、組み直してみました。


では軽く紹介

レベ0 17枚

0-0/3500 アンコーラー 3枚
ちび千棘 1枚
ナツイロ 2枚
移動相打ち 4枚
高松互換 2枚
立ち集中 1枚
サーチ集中 3枚
ちび小咲 1枚

レベ1 14枚

1-0/6500 4枚
修羅場 3枚
コンソール相打ち 2枚
1-0助太刀 1枚
黄ペン 4枚

レベ2 3枚

お化け 2枚
レベル応援 1枚

レベ3 8枚

乙女心 万里花 1枚
回復 千棘 2枚
乙女心 千棘 2枚
乙女心 小咲 3枚

CX
ダイアリー 4枚
10年間の想い 4枚


それでは軽く解説を


レベル0

大きく変わったところは高松互換の万里花が入っているところです。

ペンダント選抜してるならいらなくねとずっと思ってました。ストック足りなくなるのが目に見えていたので。

しかし、色々な状況を見るとがん積みまではいらないけど、いると便利だなと思いました。


まずは控え室に触れる点が非常に優秀です。

ニセコイは山に触るのは得意ですが、控え室に触ることが結構難しいです。
扉か赤ペンか収録中互換か修羅場に限られてきます。

扉も4枚ですし、修羅場もリバース条件が必須であることを考えると中盤以降期待できるテキストではないと思います。

他の選択肢も条件が限定されていたり、打ちやすさで黄ペンをがん積みしたくなることを考えるとあまり触れなかったりします。

そんな中、高松さん入れるとコストはかかるものの、簡単に控え室に触れるので、0でパンチに使って修羅場持ってきてシナジーなんてこともできます。

中盤以降も小咲が開けてくれた面をダイレで殴って返しに回収なんてこともできます。


控え室に触れるのは序の口として、一番のメリットが3パンが簡単にできる点に注目しました。

集中引けてないとわりと3パンするのが辛いのですが、コストを簡単にハンドに変換できるところからアタック数の増加が期待できます。
この辺りはABでも立証されてますね。


ただし、1帯でペンダントを使わないといけない点は忘れてはいけません。

なのでABと比べてテキストを使うか使わないかはその状況を見てやらないといけません。

例えばペンダントが素引きできているならちびで回収する必要がなくなるのでストックが余ります。
あとは集中が引けてないなら、集中を打たないのでそこでも余りますね。

こういう時はテキストを使ってアタックを増やすことをメリットにできるこのカードの存在価値が高いと思います。

早期に3パンできる=ダメージを与える機会の増加と被打点を削れる点を考慮していくためにもその選択肢を取ることができるカードを入れるべきだと考えました。


この効果の使い方はABよりも見極めが必要ですね。使わないのも全然ありだと思います。ただ、いるのといないのとでは大きな差になるのを感じました。

あとメタとしてストックやクロック送りの相打ちもそこそこいるのでその辺りはご愁傷様ですが、そんなに量がいるわけでもないので全然ありだと思います。

速いゲームに持ち込むために先行なら移動から3パン、後攻なら2、3パンできることが理想ですね。

残りのレベ0に関しては前と変わってないので流します。


・レベル1

ここも前回と枚数を色々調整してみましたが、最終的に前と同じ枚数になりました。

黄ペンが入っているので、修羅場を削って1相打ちを増やしたりしてみましたが、下で高松が入ってたりするのとマリガンで豪快に切るためにも結果的に3枚に戻りました。

アタッカーも個人的に9枚は1番扱いやすい枚数なので結局変わらず。増やすなら1相打ちでしょうか。


あと記憶応援は立ち集中にするために切りました。
0を増やしたかったのと、後列に置いておけることを考えると役割が被るかなと。
ちびも後列向きのテキストを選んでるのでナツイロと合わせて5枚います。
それで十分だと判断しました。


赤ペンは高松入れたので切りました。山を削れて打ちやすい黄ペン4枚に戻しました。

0-6で黄色から立てても動けるようにするならこれが正解なのかなと思いました。

山を削れるのでそこそこな回りで集中1、2回打ててるとわりと1リフできます。1リフ出来てるとあとが結構楽なので頑張って狙ってます。


・レベル2

青か緑か悩んだ時期もありましたが、個人的に青一択になりました。小咲のサイン可愛いですし()

それは置いておいて、出せる状況になれば簡単に出せて、簡単にラインを出せるので優秀。ストックに余力があれば2枚目持ってきてまた出せますし。

緑の良さと考えるとペンダントさえ打てていれば1枚で全て解決できる点が魅力的ですね。ブン回ると恐ろしいのは緑なんですが。

緑はチェンジに必要な枚数が多い&対応がないと微妙なので、結果的に青の方がハンドに余力を持ってレベ3に入れる点も考慮しました。


レベ2は3色立ってるならそこからは基本的にセッツー破棄して小咲出しながら山を圧縮してキャンセルで耐えて、2-6辺りでもう一度リフができるのが理想です。率的にはそんなに悪くないのですが、ここは徹底したいところ。

それができるのが青小咲のいいところかなと思います。
メインフェイズに欲しいものが持ってこられるので動きやすいですし。

2投でもいいと思うのですが、2帯が結構長引くので個人的には3枚で。この小咲をレベル置き場に置かないといけないことも多々あるので。


基本的に助太刀は1枚握っておいて返せるのが理想です。
この動きは緑でよくする動きなのですが、青でも応用できるので覚えておいて損はないです。

仮にそこで使わなかったとしても、今はレベ3で相手の詰めを回避できる手段として使えますし、使わなかったなら大抵チャンプしてきてくれているので、やりたいことはできてます。

あとはストックと相談しながら動かしていきたいです。なんとかストック4~5を持ってレベ3に上がれるのが理想です。


・レベ3

詰めるぜひゃっほいってことで、まずは乙女心万里花は外せません。

1枚挿しとはいえ、甘えてきた相手を殺しきるには十分なカード。防御札がないタイトルなら3-0も射程圏です。

回収はよっぽどじゃなければ難しくはありません。


そして個人的に今相変わらず悩んでるのはサブの詰めです。
枠は4枚あってプランとして考えられるのが、ショットかソウルパンプか回復兼盛りの3択です。

今は回復2のショット2でやってますが、回復3で黄色の詰めは1枚でもいいかもしれませんし、ソウルパンプの方も捨てがたいです。
それだけにここは長らく悩みそうな感じがします。

ちなみに現在ショットなのは面を空けられた時に強いのと、シナジーも悪くはないですし、サインだし()

ダイアリーの往復パンプはなかなか優秀なので個人的には悪くないと思います。万里花と並べると相手に殺意を見せれるかなと思います。


そしてストックがあるならトップ盛りの千棘も強いです。
擬似リフがあった頃はあまり使わないテキストでしたけど、使ってみると強さが分かりますね。

1番シンプルイズベストなのは楽です。盤面に出す順番である程度ソウルは調整できますし、パワーも出ます。シンプルに強いと思ってます。


レベ3は魅力的なカードが多いので本当に好みが分かれるところだと思います。環境を見ながら変えていきたいと思います。


そしてCXは扉と2000/1。扉はさておき、2000/1なのは、万里花のパンプに使えるだけでなく、どのタイミングでも扱いやすいカードになってるからです。

0だと3パンするのでパワーで越えたいときは必須ですし、それ以降もハンドを減らさずに打てるので、打つという意味では本当に扱いやすい1枚になってると思います。

なぜ色が黄色かというと、0-6で止められた時を見ると、黄色を立てる関係で赤一色だと打てなくなるからです。

なので扉の相方は基本的に黄色にしたいのが理想です。
あとは環境見ながら、2000/1か風か炎か選べるのでそこは好みで。



結構長くなりましたが、とりあえず一つ言えるのはPRが有能なことです。ファンミで言われてるだけありますね...

個人的に黄赤青から抜けることは当分ないと思います。それだけ優秀だと思うので。


ニセコイはある程度出来上がったので、次はまた何かデッキをいじっていきたいと思います。

今日はこの辺りで。今期も結構強いと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キッティ

Author:キッティ
名前 キッティ
出身地 愛知県
現在地 福井県

ヴァイスに熱中しつつも、田村ゆかりさんと宮野真守さんのファンをやってる大学生です。

基本的にヴァイスをメインにたまに日常やライブのことに関するブログを書いていきます。

主な成績
2013 BCF名古屋 なのはタイトルカップ 優勝
2014 WGP名古屋 トリオサバイバル ベスト8

twitterやってます。頻繁には見ませんが、情報交換等したいのでよろしかったらぜひ

twitterID:Nao_Nao_7

何かありましたらコメントか下のアドレスに連絡お願いします。

nana-nm7@oregano.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
D.C.III P.P. ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。